日本中小企業サポート機構の評判を徹底調査!やばい・怪しいの口コミは本当?ファクタリングのメリット・デメリット、始め方を解説

Shutterstock.com / OlyaOK

スピード感を持って資金調達をしたい場合、便利に使えるのがファクタリングサービスです。とはいえ「怪しいのではないか」「中小企業では利用できないのでは…」と不安を抱え、利用をためらう方も多いのではないでしょうか。このような場合には、中小企業の経営支援に力を入れている一般社団法人・日本中小企業サポート機構の利用を検討してみてください。ファクタリングサービスの評判や利用する際のメリット・デメリット、気になる審査・手数料についてまとめます。

ファクタリングのメリット・リスク・利回りを解説|おすすめ会社比較2024|やばい・怪しい評判は本当?

日本中小企業サポート機構の概要

日本中小企業サポート機構の特徴:2社間取引

中小企業にとって、取引先との関係性や信頼度は重要なもの。日本中小企業サポート機構なら、2社間取引が可能です。申込者と機構のみで手続きが完了するため、ファクタリング利用の事実を売掛先に知られるリスクはありません。早ければ当日中の入金も可能です。

日本中小企業サポート機構の特徴:3社間取引

申込者と日本中小企業サポート機構、そして売掛先の3社間で契約を結ぶ3社間取引。2社間取引よりも契約時の手間は増えますが、リスクが低い文手数料は安くなります。「当日中の資金調達が難しい」「売掛先にファクタリング利用を知られてしまう」といったデメリットはあるものの、手数料率が低い分、多額の資金を求める場合にメリットを実感しやすくなるでしょう。

日本中小企業サポート機構のメリットは?

最短3時間で資金調達が可能

日本中小企業サポート機構へは、パソコンやスマートフォンから申し込み可能です。審査スピードも速く、最短30分で完了。入金までの最短スピードは約3時間で、当日中の資金調達も可能です。ファクタリング会社の中でも、非常に素早く対応してくれるところが魅力といえるでしょう。急に現金が必要になった場合でも、融資とは異なる形で資金調達できます。

手数料が安い

日本中小企業サポート機構のファクタリング手数料は1.5%~と、かなり低めに設定されています。これは、同機構が一般社団法人であり、非営利団体としてファクタリングサービスを提供しているから。財務局および経済産業局の認定を受けたサポート団体だからこその、魅力的な条件だといえるでしょう。業界最低水準の手数料で利用できます。

高い審査通過率

日本中小企業サポート機構は、あくまでも中小企業の経営サポートを目的としてファクタリングサービスを提供しています。このため、他社と比較して審査通過率が高いという特徴があります。資金繰りに関するさまざまな相談を受け付けてきたスタッフが、親身になって相談に乗ってくれるでしょう。それぞれに合った利用方法を提案してくれるので、初めてでも安心です。

オンライン契約が可能

日本中小企業サポート機構は、申し込みから各種案内、必要書類の提出に契約まで、すべての手続きをオンライン上で完結可能です。対面手続きの必要がないため、スピーディーに話を進めていけるでしょう。急いでいる方や忙しくて対面で対応している余裕がない方でも、手軽に手続きを進めていけます。セキュリティ対策も万全なので、安心して取引できるでしょう。

日本中小企業サポート機構のデメリットは?

即日の振込が叶わない場合もある

申し込みから入金まで、スピード感のある対応が魅力の日本中小企業サポート機構ですが、状況によっては即日振込が難しい場合もあります。希望する契約方法が3社間取引の場合、売掛先の承認が必要に。相手方が状況を把握し、ファクタリング利用を許可するまでに時間がかかってしまうケースもあるでしょう。2社間取引の場合も、申し込みのタイミングによっては、審査完了・振込までの流れが翌営業日へと持ち越される可能性も。提出書類に不備があった場合も、その分手続きが遅れてしまう恐れがあります。

Text by NewSphere 編集部
Funds
CRE Funding