【最新】投資初心者におすすめのソーシャルレンディングとは|利回り・手数料など比較

Lightspring / Shutterstock.com

 低金利時代の中、投資や資産運用に興味はあるけど「複雑そう、損しそうだし怖い」と思っている方は多いんじゃないでしょうか。世の中に投資商材は腐るほどあるし広告もよく見る、銀行や保険などのお便りなどを見てもおびただしい説明に注意事項、超長期の投資内容……これでは投資に後ろ向きにもなりますよね。セールスマンの言う通り投資をしてみても何に投資をしているのかよくわからないで、それって結局預金と変わらないですよね。

 そんな投資に興味はあるけど躓きたくない方にオススメの、最新の資産運用のカタチをご紹介します。それは、ソーシャルレンディング。新しい形の投資で、あなたの資産運用をシンプルにしましょう。

ソーシャルレンディングとは

Shutterstock.com / paper_Owl

 ソーシャルレンディングとは、ネット上で行う投資方法のひとつ。お金を借りたい企業と投資家を、ソーシャルレンディング業者が間に入ってマッチングさせるサービスです。

 具体的なお金の流れとしては、まず融資してもらいたい会社(事業主)をソーシャルレンディング業者が格付けします。実行を決めると、ソーシャルレンディング業者がネット上で投資家を募集、貸付の目標額の資金を調達します。人気の案件は募集開始後、わずか数分で数千万円の資金調達を達成することもあり、熾烈な投資競争になることも珍しくありません。

 その後、ソーシャルレンディング業者が調達資金を企業ファンドに融資し、融資先企業は収益で返済できるよう事業活動に勤しみます。融資先企業は借入金をソーシャルレンディング業者に返済し、その返済から投資家に投資額+α(利益)をリターンします。

 ソーシャルレンディング業者は融資に際して一定の金利を上乗せします。その金利がソーシャルレンディング業者と投資家の利益となるのです。

ソーシャルレンディングがおすすめの理由

Shutterstock.com / William Potter

高い利回りが期待できる

 ソーシャルレンディングの金利は、銀行の定期預金や国債と比較して高く設定されています。ファンドによって異なりますが、貸付金利から管理手数料を差し引いた名目利回りは3~10%。定期預金の金利が年0.1%前後であるのに対して圧倒的な高さです。

 例えば、金利0.1%の定期預金に100万円を預けても1年間に1,000円のしか利益を得られませんが、利回り10%のファンドで運用すれば10万円になります。ソーシャルレンディングは少ないリスクで大きなリターンが期待できる投資手法なのです。

ムダな時間がない

 ソーシャルレンディングの金利は、運用期間満了時まで変動しません。株式やFXなどは日々価格が目まぐるしく変わるため、多大な時間的・精神的負担を強いられます。ソーシャルレンディングならストレスなく安心して資産運用を継続できるのです。

低額から投資ができる

 ソーシャルレンディングは1万円から投資することができる事が多く、気軽に投資を始めることができます。少ないお金で運用できるためリスクを軽減できるので、投資をこれから始めたいと思っている初心者におすすめなのです。

投資初心者におすすめのソーシャルレンディング|利回り・手数料を比較

SBIソーシャルレンディング

 SBIソーシャルレンディングは大手金融機関のSBIグループが運営しているため、有数の大手企業が母体になっています。ソーシャルレンディングで最も重要な信用性やコンプライアンスの厳しさなどに期待できるため、投資家には安心感を与えてくれます。こちらも1万円から投資可能で利益が毎月分配されるため、資産運用の手始めとして取り掛かりやすいでしょう。

クラウドクレジット

 ソーシャルレンディング事業者の中でも案件数が多く、1万円から投資ができるため手軽に始めやすいのがクラウドクレジットです。比較的高利率のファンドが多く、また海外の案件に特化しており、特に後発開発途上国への投資が多いため社会的意義が高い投資ができます。

クラウドバンク

 日本で唯一、証券会社が運用するソーシャルレンディングサービスがクラウドバンクです。証券会社として認められるには非常に厳しい基準をクリアしなければならず、それを達成したクラウドバンクは社会的な信用性が高いと言えるでしょう。
 クラウドバンクは実績利回りは6.99%と高利率の実績もあり、デフォルト率は0%と堅実な印象を受けます。米ドルでの投資も可能で、日本円以外で資産を分散投資したい投資家は最適な投資先を選ぶことができます。

Funds

 Fundsは1円から出資が可能なソーシャルレンディング業者です。ソーシャルレンディング事業社としては珍しくリコースローンを採用しており、投資家への配慮を徹底しています。2019年に開始したサービスのためプロジェクトの数がまだ少なく、投資家にかなりの期待をかけられていることからすぐ応募金額に到達してしまいますが、将来性の豊かさと投資家からの信頼を得ていることを反映しているとも言えるでしょう。

CAMPFIRE Owners

 「資金調達したい事業者に、 応援したい投資家たちのお金を届ける」というモットーで2019年から始まったのがCAMPFIRE OWNERSです。他のソーシャルレンディング業者との違いは応援に価値を置いているため、案件ごとにストーリー・メッセージを掲載しています。事業の成功を投資で後押しするのがダイレクトに感じられることで、金銭的リターン以上の満足感を得られるのではないでしょうか。

CRE Funding

 CRE Fundingは東証一部上場のCREグループが運営している、日本で初めての物流不動産特価型のクラウドファンディングサービスです。一般的に取り扱いの多い住居用の不動産を取り扱うのではなく、物流用の不動産、つまり倉庫などの扱いに特化している点にあります。住居用とは異なる安定性が期待できるため、普段とは異なる投資案件を求めている人にはちょうどよいかもしれません。

あなたにおすすめの記事

【比較】投資型クラウドファンディングのおすすめ|事業者とサービスを紹介

投資型クラウドファンディングとは|仕組みを理解しスマートに投資

おすすめの理由は?ソーシャルレンディングに関する比較・評判・投資型クラウドファンディングも

【最新】投資初心者におすすめのソーシャルレンディングとは|利回り・手数料など比較

【最新版】未上場株に投資できる株式投資型クラウドファンディングとは?

おすすめの投資型クラウドファンディング会社

Text by NewSphere 編集部

Recommends