【2022年】人気の血圧サプリ6選を徹底比較|血圧高めの方にオススメ!早めの対策で予防を

Shutterstock.com / ESB Professional

 年齢を重ねると高血圧で悩んでいる人が増えてきます。日本には高血圧患者が約4,300万人いると推定されており、3人に1人は高血圧という状況です。高血圧症とは診察室での収縮期血圧(最大血圧)が140mmHg以上、または拡張期血圧(最小血圧)が90mmHg以上の状態です。

 血圧は120を超えると血管リスクが高まります。血圧130台の方は「血圧高め」で要注意の状態ですから、ぜひ血圧ケアを始めましょう。まずは生活習慣を改善しつつ、毎日の食事のサポートとして手軽に始められるサプリがおすすめです。まずは高血圧の原因と対策方法をご紹介します。

おすすめ睡眠サポートサプリ2022 人気の睡眠サプリを徹底比較

高血圧・血圧高めが気になる方は

 若い頃は低血圧だった方も、急に血圧が上がってしまうことがあります。原因は何か、対策はどうしたら良いのかを解説します。

どうして高血圧になる?その原因とは

 心臓から血液が押し出されるときに血管を押す力を血圧と言います。血圧が高くなると血管を押す力が強くなりすぎて、あらゆる疾患の原因となります。原因としては、加齢によるものが大きい傾向があります。特に家族に高血圧の人がいる場合は、遺伝的な要素も加わり高血圧になりがちです。遺伝だけではなく、食生活も影響します。特に塩分の強いものが好きな方は注意が必要です。塩分を摂取しすぎると血管の壁の柔軟性が失われるため、血圧が高くなります。

 またストレスも高血圧の原因です。ストレスで睡眠不足になったり、喫煙やアルコール量が増えたりすると少しずつ血圧が上がっていきます。このような生活は肥満の原因でもあり、太るとさらに血圧が上がってしまいます。女性の場合は更年期にイライラすることが多くなり、睡眠不足から高血圧になる方も多い傾向です。

血圧を下げるには?高血圧の対策とは

 血圧を下げるためには、まず食生活を見直すことから始めましょう。塩分を控えめにし、カロリーにも気をつけて肥満にならないようにします。塩分や脂質を抑え、タンパク質や食物繊維、塩分を排出するミネラル(カリウム・カルシウム・マグネシウム)をたっぷり摂取することが推奨されています。飲み物は甘いものは控え、緑茶にしましょう。緑茶はGABA等血圧を下げるといわれる成分を含んでいるためおすすめです。

 食生活の改善に加え、適度な運動を習慣にしましょう。過度な運動は体に負担が大きいだけではなく、持続しにくいことが欠点です。ウォーキングやストレッチなど日常に取り込める有酸素運動が適しています。睡眠を十分に取り、ストレスフリーの生活をすることも大切です。深い呼吸をすると自律神経のバランスが整うので、ゆっくり息を吸い込むことを意識するようにしましょう。

血圧対策の強い味方:血圧サプリ

 血圧が高めになってしまうのは長年のライフスタイルの積み重ねのため、なかなかすぐに生活習慣を改善していくことは難しい人も多いでしょう。そこで、血圧高めの方向けの「血圧サプリ」を併用することがオススメです。

血圧サプリのおすすめ成分:ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼとは納豆に含まれる酵素で、タンパク質分解酵素の一種です。血栓溶解効果が期待できる酵素として発見されました。血圧が高くなるのは血栓が詰まって血の流れがスムーズでないことが原因の一つです。そのため、血栓溶解によって血圧を正常に戻すと考えられます。コレステロールにも効果が期待できます。

血圧サプリのおすすめ成分:オメガ3脂肪酸(DPA/EPA/DHA)

 オメガ3脂肪酸(DPA・EPA・DHA)は青魚に含まれている成分です。アラスカに住むイヌイットが野菜を食べなくても健康な生活を維持しているのは、アザラシ肝油や魚に含まれるオメガ3脂肪酸を摂取しているためだと考えられています。血液をサラサラにし、血栓ができにくくなり血圧を改善します。

血圧サプリのおすすめ成分:ペプチド

 ペプチドとはアミノ酸が2〜3個繋がった状態の成分です。アミノ酸が多数繋がるとタンパク質になりますが、ペプチドはタンパク質より体内に吸収されやすいことが特徴です。イワシ由来のサーデンペプチドや乳製品由来のラクトトリペプチドなどがあり、「数値が高めの方に適する食品」として「トクホのマーク」を受けています。

血圧サプリのおすすめ成分:GABA

 GABAは、私たちの体に普通に存在するγ–アミノ酪酸の一つです。精神を安定させ、ストレスを緩和する作用があり、睡眠サプリにもよく利用されています。GABAがなぜ血圧の改善に効果があるのかは解明されていませんが、神経伝達の抑制により血管収縮を緩和するからだろうと考えられています。

血圧サプリのおすすめ成分:ピペリン

 『ピペリン』は、ヒハツというインド産の胡椒の仲間から採取した辛味成分の一つです。血管内で一酸化窒素の生成をうながし、その結果血管が拡張するため血の流れがスムーズになり、血圧値が改善する効果が期待できます。

おすすめ血圧サプリ

 ここからはおすすめの血圧サプリを6種紹介します。

おすすめ血圧サプリ1:コレステロック

コレステロックは、含有成分のヒドロキシチロソールが悪玉コレステロールの酸化を抑える機能性表示食品です。さらに、コレステロックは天然由来の成分にこだわって作られたサプリです。オリーブの実由来納豆由来のヒドロキシチロソール、納豆由来のナットウキナーゼに天然イワシ由来100%エキスを配合されています。

・初回:1,000円
・通常1ヶ月分30カプセル3,500円(税込)

おすすめ血圧サプリ2:まるさん倶楽部「納豆博士」

 納豆博士は納豆由来のナットウキナーゼのみを配合するシンプルな規格サプリです。販売以来20年の健康食品で、安心して利用できます。1日3粒で納豆2パック分(約100g)に相当するナットウキナーゼを摂取できるのが嬉しいポイントです。原材料は遺伝子組換えをしていない安全な食品だけを使用しています。納豆独特のニオイや食感もないので飲みやすいサプリです。

・モニター先着300名限定価格:500円
・1ヶ月分90錠:6,300円(1日3錠服用)(税込)

おすすめ血圧サプリ3:GABAの緑茶

 GABAの緑茶はサプリメントや食品ではなく、お茶でGABAを摂取できる貴重な商品として人気です。またティーパックタイプのお茶のため習慣的に飲むのが苦じゃないという口コミもありました。販売元の荒畑園は静岡県知事賞などをはじめ、名誉ある賞を数多く受賞した評判の会社です。

・初回:1,058円(税込)送料無料
・2回目以降:ずっと10%オフ
・通常価格:1,944円(税込)

おすすめ血圧サプリ4:ファンケル「血圧サポート」

 血圧サポートはトリペプチドMKPとGABAが含まれ、高めの血圧を下げる機能性食品です。新鮮な牛乳から抽出したタンパク質から作られたトリペプチドMKPは血管の収縮を抑え、高めの血圧を下げる機能があると考えられます。また、野菜や果物、穀物に多く含まれるアミノ酸の一種であるGABAは、交感神経を穏やかにし、高めの血圧を下げる機能があると考えられます。

ファンケルはサプリメント相談室を設置しているので、薬の飲み合わせなど心配なことがあればいつでも相談ができます。

・90日分:6,771円(税込)
・30日分(定期便):2,376円
・期間限定特別割引もあり

おすすめ血圧サプリ5:圧バランス

 圧バランスは、ゴマペプチドとイワシペプチドを中心に、紅麹、苦瓜、GABAといった7つの天然成分を配合したし、”適圧”生活をサポートするサプリです。サプリについて分からないことはDHC健康食品相談室で、医師や薬剤師、栄養士といった専門スタッフに相談できます。

・30日分:1,440円(税込)
・定期購入:25%オフ
・時期によりキャンペーン特価
・DHCの商品をまとめ買いすると最大10%割引

おすすめ血圧サプリ6:血圧が高めの方のタブレット(粒タイプ)

 血圧が高めの方のタブレットは血圧が高めの方に適した機能性表示食品で、機能性関与成分としてヒハツ由来ピペリンを1粒あたり90μg含んでいます。ヒハツとは、コショウ科でツル性の常緑植物で、ヒハツの果実は香辛料として昔から食されています。血圧低下作用があるヒハツ由来ピペリンには、1~2週間で高めの血圧を改善し、正常な血圧を維持する機能があることが報告されています。

また、大正製薬の研究によって一日摂取目安量として1日1粒を実現しているのも嬉しいポイントです。

・初回30粒:85%オフ540円
・通常価格30粒:3,780円(税込)
・定期便:2回目以降10%オフ

Text by NewSphere 編集部