【比較】クラウドファンディングとは?寄付型、購入型、投資型のメリット・デメリットとおすすめ事業者を解説!

Shutterstock.com / KeyStock

 近年、「クラウドファンディングを利用して資金を集めた」という話題がよく聞かれるようになりました。クラウドファンディングという資金調達方法が一般に浸透しつつありますが、中にはまだよく理解していない人も多いでしょう。そこで、今回はクラウドファンディングの基礎知識や種類、メリット・デメリットについて詳しく解説します。

【比較】投資型クラウドファンディングのおすすめ|事業者とサービスを紹介

クラウドファンディングの種類

 クラウドファンディングには「寄付型」「購入型」「投資型」の3種類が存在しますが、それぞれに特徴があり、目的に応じて使い分ける必要があります。ここでは、どんな違いがあるのか詳しく見ていきます。

寄付型クラウドファンディングとは?

 寄付型クラウドファンディングとは、起案者のプロジェクトを支援者が「寄付」という形で支える仕組みです。通常のクラウドファンディングでは、支援金に対して商品やサービスを提供(これを「リターン」と言います)しますが、寄付型ではリターンは原則ありません。あったとしても、お礼の手紙や活動レポートなどの非金銭的な商品の送付に留まります。 寄付型クラウドファンディングは、社会貢献性を持つプロジェクトに多く利用されています。NPOや自治体が主催する災害地支援や経済支援などが主なプロジェクト内容です。

寄付型クラウドファンディングのメリットと注意点

 寄付型クラウドファンディングのメリットは、支援者から集めた金額のほとんどをプロジェクトに費やすことが出来る点です。他のクラウドファンディングと異なり、リターンに金銭をかける必要がありません。また、通常の寄付と同等の扱いを受けますので、起案者は支援金を寄付収入として計上して非課税にすることが、支援者は支援金を寄付控除して節税することが可能です。 注意点としては起案者からのリターンがないため、他のクラウドファンディングの類型と比較して支援者の数が集まりにくいです。そのため、プロジェクトの魅力を大々的にアピールする必要があります。

購入型クラウドファンディングとは?

 購入型クラウドファンディングとは、まず起案者が実行したいプロジェクトを定めて募集期間と目標金額を設定します。支援者はお金を支援し、金額に応じてリターンとして独自の商品やサービスの提供を受けるという、最も一般的なクラウドファンディングの類型です。購入型クラウドファンディングには「オールオアナッシング」と「オールイン」の2種類の形式があります。 オールオアナッシングでは募集期間内に目標金額を達成しない場合、プロジェクトは不成立となり、支援者に返金されます。オールインでは、一人でも支援者がいれば募集期間内に目標金額に達成しなくても、プロジェクトが成立します。

購入型クラウドファンディングのメリットと注意点

 購入型クラウドファンディングは、映画監督をはじめとする芸術系のクリエイターによく利用されています。市場の流行に左右されない商品開発への資金調達が可能だからです。そして、通常では手に入らない商品をリターンとして提供できますので、支援者も多く集まりやすいです。つまり、提案者と支援者がウィンウィンの関係になりやすいのが購入型の最大の魅力です。

 一方で、提案者の信用性は十分に確認する必要があります。クラウドファンディングでのリターンのトラブルは常に生じており、特にオールイン形式では仮に募集金が満足に集まらなかった場合、期待に見合ったリターンを獲得できない可能性がありますので注意しましょう。

投資型クラウドファンディングとは?

 投資型クラウドファンディングとは、プロジェクトに対するリターンとして現金や株式を提供するものです。プロジェクトの提案者はベンチャー企業が多いですが、個人や特定のプロジェクトでも利用されています。寄付型や購入型ではリターンが商品やサービスですから、支援者に課税されることはありませんが、投資型ではリターンの種類や金額によっては税法上雑所得に分類されるため、支援者は確定申告が必要です。

投資型クラウドファンディングのメリットと注意点

 投資型クラウドファンディングは、株式投資等と比較してメリットがあります。まず、投資型は1万円という少ない金額からでもプロジェクトに参加可能です。株式投資はある程度まとまった費用が必要なことを考えると魅力的でしょう。また、毎日市場や株価指数をチェックする必要がなく、投資型ではプロジェクトに参加後は分配金を待つだけで、運用の手間がかかりません。そして、投資型は利回りも5%前後と高水準です。そのため、プロジェクトの応募者が多く、そもそもプロジェクトに参加ができないというケースもあります。

 ただし、リターンが高い分リスクもあります。支援者はベンチャー企業をはじめとする非上場企業が多いことから、信用に乏しいことが多いです。企業の倒産やプロジェクトが途中で頓挫する可能性も否定できません。また、基本的に元本は保証されておらず、株式投資が市場売却で株をいつでも現金化が出来るのに対し、投資型は設定された運用期間まで解約・換金が出来ないことから、流動的な運用は不可能です。

投資型クラウドファンディングのタイプは3つ!

 投資型クラウドファンディングは、さらに3つのタイプに分類できます。ここでは、それぞれのタイプについて解説していきます。

株式型クラウドファンディング

 株式型クラウドファンディングでは、非上場企業等が発行する株式を金銭を支払って取得します。配当金は出資額に応じてリターンとして受け取ることができ、将来の株式上場(IPO)や事業合併(M&A)により、高額な売却益も期待できます。ただし、出来る限り多くの人から資金調達するという理念から、1つの企業に対して1年間で50万円までしか投資出来ません。また、未公開株は上場株と比較して常にハイリスクであることを意識しておきましょう。

ファンド型クラウドファンディング

 ファンド型クラウドファンディングは、企業ではなく特定のプロジェクトに対して資金を募集する仕組みです。プロジェクトの成果に基づいて出資額に応じた配当金をリターンとして受け取れる他、プロジェクトで生み出された商品やサービスも提供されます。金融商品でありながら、社会貢献の一面を持つのが特徴です。

融資型クラウドファンディング

 融資型クラウドファンディングは、別名「ソーシャルレンディング」としても認知されています。クラウドファンディング事業者が個人から少額の投資金を集め、それを企業に融資するという形を取っています。リターンとして利息と元金の返済を受け取ることが可能で、時には利息が10%以上行くこともあります。反面、価格変動がないため、大きなリターンを期待するのは難しいでしょう。クラウドファンディング事業者が仲介業者になるため保全性が高く、初心者でも挑戦しやすいのが特徴です。

クラウドファンディングの始め方

 これまで、寄付型・購入型・投資型の3種類のクラウドファンディングについて解説しました。次に、実際にどのようにして参加したら良いのかを見ていきましょう。

寄付型・購入型クラウドファンディングの始め方

 寄付型・購入型クラウドファンディングの一連の流れは次の通りです。
1.クラウドファンディングサイトを選び、登録します。サイトごとに理念・サービス対象・手数料が異なりますので、よく確認しましょう。
2.支援したいプロジェクトを決めて、リターンを選びます。購入型ではオールインかオールオアナッシング形式かを事前に調べておくと安心です。
3.目標金額に達成したら、クラウドファンディング成功です。
4.プロジェクトの募集期間が終了した時点で、目標金額に達しない場合は返金の確認をします。
5.プロジェクト実施の報告を受けます。
6.リターンを受け取ります。リターンの受け取り時期はプロジェクトによって異なり、プロジェクト実施前のケースもあります。

投資型クラウドファンディングの始め方

 投資型クラウドファンディングの一連の流れは次の通りです。
1.クラウドファンディングサイトを選び、登録します。寄付型・購入型同様に、しっかりと詳細を比較確認しましょう。
2.本人確認書類等を提出して、サイトの審査を受けます。審査に通ると口座を開設できます。
3.支援したいプロジェクトを選びます。詳細をよく閲覧して、リターンの利回りを確認しましょう。
4.プロジェクトの進捗情報はサイトで随時公開されますので、確認します。
5.プロジェクト実施完了後、リターンを受け取ります。

株式投資型クラウドファンディングのおすすめ事業者

イークラウド

 イークラウドは2020年6月にサービスがローンチされました。イークラウドの魅力は大きく2つあり、1つ目にはスマートフォン一つで投資家登録が完了する点にあります。様々な投資証券などの金融サービスに共通するのが投資家登録をする際に生じる煩雑さで、インターネットで申し込んだはいいもののその後の郵送対応などはやはり面倒なものです。イークラウドはそういった煩雑さを省いて登録できるので、手っ取り早く登録可能です。

 もう1つの魅力は投資のしやすさです。株式投資型に限らず、投資型クラウドファンディングのサービスでありがちなのが、募集に間に合わず投資ができないことがあります。というのも、投資家に対する案件数の割合がかなり小さいため、投資家は投資案件が開示されるたびに「入れ食い」の様相を表すことがとても多いです。つまり投資家が少ない状態ということはそれだけで先行者有利を享受しやすいため、ローンチしたてのサービスは人気が高まりやすいのです。

 イークラウドは業界最大手の大和証券グループとの提携を果すなど、信頼性にも一定の評価ができます。この機会にイークラウドで投資家登録をしてみてはいかがでしょうか。

FUNDINNO(ファンディーノ)

 日本クラウドキャピタル社が2015年に開始したのが日本初となる株式型クラウドファンディングのFUNDINNOです。FUNDINNOは投資先企業へのフォローアップが厚く、株主コミュニティという、投資家と出資先、仲介業者を繋げる動きも取っています。株主コミュニティとは、日本国内の非上場株式を、特定の投資家に対して投資勧誘することを認める制度で、一般投資家による非上場株式の取引活性化を図ることで、非上場株式を発行する企業の取引・換金ニーズに応え、企業の資金調達方法の選択肢を増やすことを目的としています。一口10万円程度からの出資が一般的ですが、1万円から出資可能な案件もあります。

ユニコーン

 ユニコーンは2018年末に第一種少額電子募集取扱業者の認可を受けた新興の株式投資型クラウドファンディング仲介業者になります。スタートアップ企業への投資を専門として、投資先の起業家にフルサポートを行ってIPOまで導くという事業モデルになります。2019年5月末には佐賀県との締結が発表されました。

CAMPFIRE Angels

CAMPFIRE Angelsは株式会社CAMPFIREグループのDANベンチャーキャピタル株式会社が運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォームです。CAMPFIREといえばクラウドファンディングの認知度を高めた業界の顔役ですが、実際に有名なのは購入型と言われるサービスでした。そのCAPMFIREグループが2020年8月に開始した株式投資型クラウドファンディングのサービスが、CAMPFIRE Angelsです。2020年12月現在での募集実績を見ると、テクノロジー系のスタートアップへの投資案件が比較的多くなっています。今後の成長に希望が持てるCAPMFIREグループにあって、人気の案件は募集後すぐに目標額に到達しているようです。ひとまず会員登録をしてみて、募集案件を見逃さないようにしましょう。

ソーシャルレンディングのおすすめ事業者

CAMPFIRE Owners

 「資金調達したい事業者に、 応援したい投資家たちのお金を届ける」というモットーで2019年から始まったのがCAMPFIRE Ownersです。サービス開始からおよそ2年が経過し、これまでの実績が徐々に明らかになってきました。以下に掲載している実績の内容は、2021年2月末時点のものとなります。

 CAMPFIRE Ownersにおける予定利回りは3.0~7.0%と一般的なソーシャルレンディングサービスと同等です。累計貸付実行数は19件、ファンドの構成比は中小企業向け・海外マイクロファイナンス・不動産/再生エネルギーの3軸をバランス良く実行しています。その中で延滞・貸し倒れの実績は1件もありません。ファンド審査体制についてサイト上で紹介したり、投資先の会社名を明記するファンドが複数あるなど、ソーシャルレンディング事業者に求められる透明性の徹底に努めて安心度を高めています。こうした情報は公式サイトで公開されているので、ぜひ一度確認してみてください。

 信頼性を高めるという点で更に特筆すべきは、日本保証という保証会社との保証契約を結ぶファンドがあることです。一般的な投資と同様に、ソーシャルレンディングで元本保証のある案件はかなり稀ですが、日本保証は不動産の担保などを用いて債務保証をするため、投資家は投資資金の回収を心配する必要がありません。保証契約による信頼性の高さから、日本保証が関わるファンドは人気が高く投資の争奪戦になることもあります。なお、CAMPFIRE Ownersにおけるすべてのファンドが日本保証との保証契約が結ばれているということではないので、都度確認する必要があります。

FUELオンラインファンド

 FUELオンラインファンドは東証一部上場のCREグループが運営している、日本で初めての物流不動産特化型のクラウドファンディングサービスです。一般的に取り扱いの多い住居用の不動産を取り扱うのではなく、物流用の不動産、つまり倉庫などの扱いに特化している点にあります。住居用とは異なる安定性が期待できるため、普段とは異なる投資案件を求めている人にはちょうどよいかもしれません。

クラウドクレジット

 ソーシャルレンディングを手がける事業者の中でも案件数が多く、1万円から投資ができるなど手軽に始めやすいのがクラウドクレジットです。ソーシャルレンディングの中でも高利率のファンドが多く、また海外の案件に特化しており、特に後発開発途上国への投資が多いため社会的意義が高い投資ができます。

クラウドバンク

 日本で唯一、証券会社が運用するソーシャルレンディングサービスがクラウドバンクです。証券会社として認められるには非常に厳しい基準をクリアしなければならず、それを達成したクラウドバンクは社会的な信用性の高さがあると言えるでしょう。
 クラウドバンクは信用性の高さ以外にも、実績利回りは6.99%と高利率の実績があり、デフォルト率は0%と堅実な印象を受けます。米ドルでの投資も可能で、日本円以外で資産を分散投資したい投資家には最適な投資先を選ぶことができます。

目的にあったクラウドファンディングを始めてみよう

 寄付型・購入型・投資型クラウドファンディングの3類型はそれぞれに異なる特徴を持ちます。自分に適した類型で参加してみましょう。とりわけ投資型は、従来の株式投資の側面と純粋にプロジェクト自体を応援したいという社会貢献的側面の両方を持つ新しいシステムです。少額から始められますので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

あなたにおすすめの記事

【比較】投資型クラウドファンディングのおすすめ|事業者とサービスを紹介

投資型クラウドファンディングとは|仕組みを理解しスマートに投資

おすすめの理由は?ソーシャルレンディングに関する比較・評判・投資型クラウドファンディングも

【最新】投資初心者におすすめのソーシャルレンディングとは|利回り・手数料など比較

【最新版】未上場株に投資できる株式投資型クラウドファンディングとは?

おすすめの投資型クラウドファンディング会社

Text by NewSphere 編集部
CRE Funding