クラウドファンディングとは?寄付型、購入型、投資型のそれぞれのメリットと注意点を解説!

Shutterstock.com / KeyStock

 近年、「クラウドファンディングを利用して資金を集めた」という話題がよく聞かれるようになりました。クラウドファンディングという資金調達方法が一般に浸透しつつありますが、中にはまだよく理解していない人も多いでしょう。そこで、今回はクラウドファンディングの基礎知識や種類、メリット・デメリットについて詳しく解説します。

クラウドファンディングの種類

 クラウドファンディングには「寄付型」「購入型」「投資型」の3種類が存在しますが、それぞれに特徴があり、目的に応じて使い分ける必要があります。ここでは、どんな違いがあるのか詳しく見ていきます。

寄付型クラウドファンディングとは?

 寄付型クラウドファンディングとは、起案者のプロジェクトを支援者が「寄付」という形で支える仕組みです。通常のクラウドファンディングでは、支援金に対して商品やサービスを提供(これを「リターン」と言います)しますが、寄付型ではリターンは原則ありません。あったとしても、お礼の手紙や活動レポートなどの非金銭的な商品の送付に留まります。 寄付型クラウドファンディングは、社会貢献性を持つプロジェクトに多く利用されています。NPOや自治体が主催する災害地支援や経済支援などが主なプロジェクト内容です。

寄付型クラウドファンディングのメリットと注意点

 寄付型クラウドファンディングのメリットは、支援者から集めた金額のほとんどをプロジェクトに費やすことが出来る点です。他のクラウドファンディングと異なり、リターンに金銭をかける必要がありません。また、通常の寄付と同等の扱いを受けますので、起案者は支援金を寄付収入として計上して非課税にすることが、支援者は支援金を寄付控除して節税することが可能です。 注意点としては起案者からのリターンがないため、他のクラウドファンディングの類型と比較して支援者の数が集まりにくいです。そのため、プロジェクトの魅力を大々的にアピールする必要があります。

購入型クラウドファンディングとは0?

 購入型クラウドファンディングとは、まず起案者が実行したいプロジェクトを定めて募集期間と目標金額を設定します。支援者はお金を支援し、金額に応じてリターンとして独自の商品やサービスの提供を受けるという、最も一般的なクラウドファンディングの類型です。購入型クラウドファンディングには「オールオアナッシング」と「オールイン」の2種類の形式があります。 オールオアナッシングでは募集期間内に目標金額を達成しない場合、プロジェクトは不成立となり、支援者に返金されます。オールインでは、一人でも支援者がいれば募集期間内に目標金額に達成しなくても、プロジェクトが成立します。

購入型クラウドファンディングのメリットと注意点

 購入型クラウドファンディングは、映画監督をはじめとする芸術系のクリエイターによく利用されています。市場の流行に左右されない商品開発への資金調達が可能だからです。そして、通常では手に入らない商品をリターンとして提供できますので、支援者も多く集まりやすいです。つまり、提案者と支援者がウィンウィンの関係になりやすいのが購入型の最大の魅力です。

 一方で、提案者の信用性は十分に確認する必要があります。クラウドファンディングでのリターンのトラブルは常に生じており、特にオールイン形式では仮に募集金が満足に集まらなかった場合、期待に見合ったリターンを獲得できない可能性がありますので注意しましょう。

投資型クラウドファンディングとは?

 投資型クラウドファンディングとは、プロジェクトに対するリターンとして現金や株式を提供するものです。プロジェクトの提案者はベンチャー企業が多いですが、個人や特定のプロジェクトでも利用されています。寄付型や購入型ではリターンが商品やサービスですから、支援者に課税されることはありませんが、投資型ではリターンの種類や金額によっては税法上雑所得に分類されるため、支援者は確定申告が必要です。

投資型クラウドファンディングのメリットと注意点

 投資型クラウドファンディングは、株式投資等と比較してメリットがあります。まず、投資型は1万円という少ない金額からでもプロジェクトに参加可能です。株式投資はある程度まとまった費用が必要なことを考えると魅力的でしょう。また、毎日市場や株価指数をチェックする必要がなく、投資型ではプロジェクトに参加後は分配金を待つだけで、運用の手間がかかりません。そして、投資型は利回りも5%前後と高水準です。そのため、プロジェクトの応募者が多く、そもそもプロジェクトに参加ができないというケースもあります。

 ただし、リターンが高い分リスクもあります。支援者はベンチャー企業をはじめとする非上場企業が多いことから、信用に乏しいことが多いです。企業の倒産やプロジェクトが途中で頓挫する可能性も否定できません。また、基本的に元本は保証されておらず、株式投資が市場売却で株をいつでも現金化が出来るのに対し、投資型は設定された運用期間まで解約・換金が出来ないことから、流動的な運用は不可能です。

投資型クラウドファンディングのタイプは3つ!

 投資型クラウドファンディングは、さらに3つのタイプに分類できます。ここでは、それぞれのタイプについて解説していきます。

株式型クラウドファンディング

 株式型クラウドファンディングでは、非上場企業等が発行する株式を金銭を支払って取得します。配当金は出資額に応じてリターンとして受け取ることができ、将来の株式上場(IPO)や事業合併(M&A)により、高額な売却益も期待できます。ただし、出来る限り多くの人から資金調達するという理念から、1つの企業に対して1年間で50万円までしか投資出来ません。また、未公開株は上場株と比較して常にハイリスクであることを意識しておきましょう。

ファンド型クラウドファンディング

 ファンド型クラウドファンディングは、企業ではなく特定のプロジェクトに対して資金を募集する仕組みです。プロジェクトの成果に基づいて出資額に応じた配当金をリターンとして受け取れる他、プロジェクトで生み出された商品やサービスも提供されます。金融商品でありながら、社会貢献の一面を持つのが特徴です。

融資型クラウドファンディング

 融資型クラウドファンディングは、別名「ソーシャルレンディング」としても認知されています。クラウドファンディング事業者が個人から少額の投資金を集め、それを企業に融資するという形を取っています。リターンとして利息と元金の返済を受け取ることが可能で、時には利息が10%以上行くこともあります。反面、価格変動がないため、大きなリターンを期待するのは難しいでしょう。クラウドファンディング事業者が仲介業者になるため保全性が高く、初心者でも挑戦しやすいのが特徴です。

クラウドファンディングの始め方

 これまで、寄付型・購入型・投資型の3種類のクラウドファンディングについて解説しました。次に、実際にどのようにして参加したら良いのかを見ていきましょう。

寄付型・購入型クラウドファンディングの始め方

 寄付型・購入型クラウドファンディングの一連の流れは次の通りです。
1.クラウドファンディングサイトを選び、登録します。サイトごとに理念・サービス対象・手数料が異なりますので、よく確認しましょう。
2.支援したいプロジェクトを決めて、リターンを選びます。購入型ではオールインかオールオアナッシング形式かを事前に調べておくと安心です。
3.目標金額に達成したら、クラウドファンディング成功です。
4.プロジェクトの募集期間が終了した時点で、目標金額に達しない場合は返金の確認をします。
5.プロジェクト実施の報告を受けます。
6.リターンを受け取ります。リターンの受け取り時期はプロジェクトによって異なり、プロジェクト実施前のケースもあります。

投資型クラウドファンディングの始め方

 投資型クラウドファンディングの一連の流れは次の通りです。
1.クラウドファンディングサイトを選び、登録します。寄付型・購入型同様に、しっかりと詳細を比較確認しましょう。
2.本人確認書類等を提出して、サイトの審査を受けます。審査に通ると口座を開設できます。
3.支援したいプロジェクトを選びます。詳細をよく閲覧して、リターンの利回りを確認しましょう。
4.プロジェクトの進捗情報はサイトで随時公開されますので、確認します。
5.プロジェクト実施完了後、リターンを受け取ります。

目的にあったクラウドファンディングを始めてみよう

 寄付型・購入型・投資型クラウドファンディングの3類型はそれぞれに異なる特徴を持ちます。自分に適した類型で参加してみましょう。とりわけ投資型は、従来の株式投資の側面と純粋にプロジェクト自体を応援したいという社会貢献的側面の両方を持つ新しいシステムです。少額から始められますので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Text by NewSphere 編集部