アメックス、驚きの方針転換の理由は? 身を切り加盟店を積極獲得

TE Group / Shutterstock.com

◆やっぱりビザ、マスター? 投資分の回収も心配
 アメックスは2017年以来、加盟店を300万件以上増やすことに成功した。消費者にとってはポジティブなサインであり、加盟店にとっても客数が増えればセールスも伸び、コミュニティ全体にとってもプラスに働く。もっとも、どこでもアメックスが使えることが確認されるまでは、ビザやマスターカードは持っておくべきだとモトリー・フールは勧めている。

 WSJは、アメックスが7500ドル(約81万円)のボーナスと手数料割引で加盟店に招き入れたある店を紹介している。この店の2018年後半のアメックス・カードによる売り上げが4万3000ドル(約464万円)で、このペースだと7500ドルのボーナスを回収するのに6年はかかるとしている。ひも付きなしで契約時にボーナスを提供するやり方はクレジットカード業界では聞いたことがないとして、半ば強引な手法を不安視している。

▶︎次は グーグル創業者2人が退任 独禁法調査が熱を帯びるなか




<関連リンク>
WHOと中国の裏に何が? 不自然な中国「配慮」に、各所から疑問の声
「野生動物の販売を禁止すべき」新型コロナウイルス発生で高まる声 中国
フランス人はなぜマスクをつけないのか? 「感染防がない」の奥にある本音
なぜトイレットペーパー? 世界各地で買い占め パニック時の消費者心理とは
新型コロナ:郵便物はどう扱うべきか? 配達側も対策
WHOも利用か 国際機関で影響力を高める中国
「布マスク配布、日本に続く国も」海外で見直される布マスクの効果

Text by 山川 真智子

Recommends