WHOも利用か 国際機関で影響力を高める中国

Li Xueren / Xinhua via AP

 新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、欧米では深刻な状況が続いている。これまでを振り返ると、筆者にはやはり拭いきれない問題がある。それは中国の行動だ。現在、北京政府は、国内の感染が終息したかのように、感染源国から支援国へと舵を切った外交を展開している。

 そして、WHOという国際機関を通じて、感染拡大の防止で主導権を握り、自らの汚点を何とかして払拭しようとしている。

◆感染源国から支援国へと舵を切る北京
 中国の国家国際発展協力署は3月26日、世界89ヶ国、4つの国際機関に新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制の支援を行っており、今後さらに強化していくと発表した。

 そして、そういったイメージを強化していく手段としてか、北京政府は新型コロナウイルスで陽性反応が出たとしても、症状が出なければ感染者にカウントしていないとみられ、米国などは意図的に過小報告されていると不快感を示している。

 確かに、本当の感染者数や死亡者数、現地の情勢などで不透明な点が多いのは間違いない。まるで中国の国防費の伸びを見ているかのようだ。(中国の国防費は毎年鋭く増加の一途を辿っているが、欧米諸国は本当の国防費はもっと多いと長年懸念し続けている。とくに、米国は自らの国防力に中国が迫ってきている危機感から、透明性ある国防費の公表を中国に強く求めている。)

次のページ WHOは中国の傀儡機関か?




Text by So Tasaka

Recommends