「野生動物の販売を禁止すべき」新型コロナウイルス発生で高まる声 中国

Anti-Poaching Special Squad via AP

 2002年に流行した新型ウイルスは、生きたままの動物を販売していた市場がその発生源とされ、それ以降、中国政府は外来種の販売を厳重に取り締まった。その病原体はSARSを引き起こしたコロナウイルスであることが判明している。

 禁止令は後に解除され、動物は再び市場に出回るようになった。現在、新たなコロナウイルスが中国全土に広がっている。現時点での死者は2,000人を超え、感染者は7万人を超え、その数はSARSの8倍以上である。

 発生源として考えられているのは、SARSと同様の市場だ。

 今回の感染拡大を受け、中国では20近くの都市が封鎖され、6,000万人以上が隔離されている。この状況のなかで、野生動物の販売を永久に禁止する措置を求める声が高まっている。野生動物を珍味であると称える一部の富裕層によって取引が助長されていると話す人は多い。感染症が拡大するにつれ、動物の取引がどこで行われようとも、その方法によっては場所を問わず人々を危険に陥れる可能性があるという厳然たる事実が思い出される。

「これまで人間に感染していなくても、その可能性をもつウイルスは動物界には膨大な数存在します」と、テネシー州メンフィスにあるセントジュード小児研究病院においてインフルエンザウイルスを専門とするロバート・ウェブスター氏は述べる。

次のページ 「動物を生きたままにしておくということは、そこら中に排泄物があるということです。肉を切り分ければ血も流れます」




Text by AP

Recommends