箸でポップコーンを食べると良い事がある? 人生をより楽しむための心理的なトリック

著:Robert W. Smithオハイオ州立大学、Assistant Professor of Marketing)、Ed O’Brienシカゴ大学、Assistant Professor of Behavioral Science)

 お気に入りのドリンクの栓を抜き、口元に持っていく。絶妙な風味でいっぱいに満たされる。しかし、1分も経つと、飲んだときのような味覚はほとんど感じられない。あっという間の出来事である。

 また、新車を買うときには、この先何年間も運転をする度にわくわくするだろうな、など想像する。しかし、数ヶ月後にはその感覚は消えている。今やただの車である。

                                                                                                                 

 これは、ヘドニック・アダプテーション(快楽への適応)として知られる飽和感によるものであり、私たちを喜ばせるほとんどすべての物事に対して生じる。周りを見回して考えてみよう。あなたの周りにあるもので、最初は楽しんでいたものはどのぐらいあるだろうか。そして、今でも楽しいと思えるものは一体どのぐらいあるだろう。

 当初の楽しみを再び取り戻せるならば、それはすばらしいことではないか。

パーソナリティと社会心理学ジャーナル」にて近々発表される予定の一連の研究において、私たちは、ものを消費する際に、型にはまらない変わった方法を取り入れることで、人々の楽しさが増すことを発見した

 ここで箸の話だ。

注目を向ける術
 ある調査で、私たちは68名の参加者にポップコーンを食べるよう依頼した。参加者の半数には、普段通りの方法で一粒ずつ食べるように、そして残りの半数には箸を使って食べるよう伝えた。双方のグループは一様に、ゆっくりとしたペースで食べるよう指示されていたにもかかわらず、箸を使って食べたグループは、他方よりもずっと楽しみながらポップコーンを食べたことが分かった。

 この理由は、心理学者の間ではよく知られていることである。あるものが新しく見える時、人々はそれに対してより多くの関心を向ける。そして、楽しそうなものに注目するほど、人々はそれをより楽しむ傾向にある。

 多くの人が何かを購入する際に、その多様性を追求する理由もここにある。私たちはあるものを購入し、それがありふれた平凡なものになってしまうまでのしばらくの間、使用する。その後、わくわくすることを期待しながら、何か別のものを購入する。あいにく、このように何かを取り換えることは、お金がかかることであるし、また、家や配偶者など、打つ手もなく慣れきってしまうものについては、極端に行き過ぎた選択肢になることさえある。

 私たちの研究は、代わりの案を提示している。飽きてうんざりしてしまったものを取り換えるのではなく、風変りな方法で消費したり、関わり合ったりしてみてはどうだろう。

ひと口ずつに価値を置く
 他の実験では、300名の参加者に水を飲んでもらった。

 まず、私たちは参加者に、変わった方法での水の飲み方を独自に考えてもらった。その結果は、マティーニ用カクテルグラスやトラベルマグを使って飲む方法から、猫のように舌ですくって飲む方法まで多岐にわたるものであった。封筒から水を飲むといった提案まであった。

 次に、水を5口飲むこと、そしてひと口飲む毎に感じる楽しさを評価するよう依頼した。参加者の3分の1は通常の方法で飲み、次の3分の1は風変りな方法を一つ無作為に選び、その方法を何度も用いて飲む。そして残りの3分の1は風変りな手法を用いるがひと口ごとにそのやり方を変えて飲む、というものだ。

 私たちは、ひと口ごとに異なる方法で水を飲んだグループが最も楽しんでいたことを発見した。しかも彼らの感じる楽しさは、味覚テストが終了に近づくにつれてますます強くなっていた。つまり、楽しさは時間を経ても減少されなかったと言える。他のグループにより、水を飲むたびに楽しさが減少していく様子が示された一方で、様々な手法で水を飲んだグループについては、楽しさが減少していくという通常のパターンを示すことはなかった。

 これは、極めて一般的な飽和状態や、慣れによって楽しさが減少する事態への素晴らしい解決策を提示している。 真新しく面白い方法で物事と関わり合うことが出来る限り、飽きることは決してないということだ。

ビジネスチャンス
 もちろん、このアイディアは全く斬新なものだというわけではない。多くの企業が既にこのコンセプトを活かし、顧客により楽しい経験を提供できるような取り組みをしている。

 ベッドの中で、また空中に浮かんだ状態で食事をしたり、また裸のモデルに盛り付けられた食べ物を取って食べる、といったレストランが存在する。客が裸になって食事をする、というレストランすらある。

 『レディット』(米国の出版企業が運営するソーシャルニュースサイト)に掲載されているWeWantPlates(こんな食器があったらいいな)のページには、レストランが客に食事を提供する際に使っている、クリエイティブでごちゃごちゃとしたものが多く列挙されている。流し台の中のナッチョや、物干しロープに吊るされたラビオリなど、様々だ。

 いつもの決まりきったことを提示するためには、際限なく色々な方法があるが、一方で、真新しさはいつもどこかで消え失せてしまうものだ。一つ一つの食べ物を消費する方法に、より多くの多様性を提供しているビジネスにとっては機会を逃すことになると、私たちの調査は示唆している。

 例えば、レストランで数切れのピザを食べるとき、よくあるやり方では、同じ方法で全部食べてしまう。そして、すっかり飽きてしまい、最後の一切れをあまり楽しめないのであれば問題だ。経験に関する私たちの記憶は、最後に起きたことによって大きく形成される。

 流行りの暗闇ダイニングのように、全ての照明を消して食事をより楽しもうとすることよりも、ピザ店は客に対し、一切れずつを色々な方法で食べることをお勧めしてみてはどうだろう。ありがちだが、半分に折ってみる、ひっくり返す、フォークとナイフを使ってみる、箸を使う、目隠しをして、などである。きっと、最初の一切れ同様に、最後の一切れも楽しんで食べてくれることに気づくと思う。

 結論はつまり、多様性とは人生のスパイスなのである。何をするかだけではなく、どのようにするかということ。これを知っておくと、企業も顧客も、楽しみを最大限に活かすことに役立つだろう。

This article was originally published on The Conversation. Read the original article.
Translated by Mana Ishizuki

The Conversation

Text by The Conversation

Recommends