映画が伝えなかったフレディ・マーキュリー 猫、セクシャリティ、最愛の人

spatuletail / Shutterstock.com

◆パートナーは男性 フレディを支え自らもHIVに感染
 フレディはバイセクシャルだとされているが、人生の後半はゲイだったようだ。クイーン結成前の1969年に、メアリー・オースティンと出逢い同棲を始めた。メアリーに求婚したこともあったフレディだが、1976年に自分がバイセクシャルだとメアリーに告白。このときメアリーは「あなたはゲイだと思う」と伝え、これを機に二人の肉体的な関係と同棲は終わったという(Biograpy.com)。

 クイーンとフレディの伝記を執筆したこともあるマーク・ブレーク氏が、フレディはどこから見てもゲイだったと述べるように(ヴァニティ・フェア)、その後は男性と付き合うようになる。1980年代に入り、フレディはアイルランド人で美容師だったジム・ハットンと知り合う。映画では、フレディの自宅でジムがパーティの後片付けをしていた際に出会っているが、実際の初対面はロンドンのゲイバーだった。フレディの豪邸で2人の同居が始まるが、フレディの浮気や夜遊びが激しく、関係は不安定だったという(アイリッシュ・サン紙)。

 ジムはフレディが1991年にエイズでなくなるまで7年間、パートナーとして公の場に出ることなくともに暮らした。フレディは1987年にHIV陽性の診断を受けたが、ジムを含め信頼できる数人にしかその事実を伝えていない。関係を終わらせてもいいと告白されたジムは、献身的にフレディを支え続けた。1990年にジム本人もHIV感染と診断されたが、フレディには1年間伝えられなかったという。2010年に死去したが、死因は肺がんでエイズではない(デジタル誌Irish Central)。

                                                                                                                 

◆元恋人への変わらぬ愛 死後もスターらしいフレディの選択
 ヴァニティ・フェア誌によれば、フレディは亡くなる前のインタビューで、すべての財産をメアリーと猫たちに譲ると述べていたが(注:実際は家族や友人にも遺産を分けている)、彼の人生において最も大切な人物はメアリーであったことに間違いはない。

 恋人という関係が終わっても、ゲイのフレディと元カノであるメアリーの、傍から見れば奇妙だが親密な関係は続いた。メアリーはツアーに同行するなど、常にファミリーの一員としてフレディの人生に関わり、彼女こそがフレディの生き様と成功の過程を間近で見続けた人物と言える。「メアリーは唯一の友達。他の誰もいらない。自分にとって彼女は内縁の妻だ。結婚と同じだ」とフレディはメアリーに語りかけたという(Biography.com)。もっともメアリー自身は別の男性と結婚し、男の子ふたりをもうけている。

 フレディは自分がHIVに感染していることをメアリーに告げ、晩年は彼女をそばに置くようにしたという。メアリーは彼の死も看取っており、フレディの推定7,500万ドル(約85億円)の遺産の半分を相続している。フレディが残したロンドンの28部屋ある豪邸で、彼が選んだ家具や調度品に囲まれて今でも暮らしている(Biography.com)。ちなみにアイリッシュ・サン紙によれば、ジムには50万ポンド(7,250万円)が遺言で渡された。

 生前フレディは、自分が死んだ後、遺灰を自分が望む場所に運び、その場所は誰にも教えないでほしいとメアリーに伝えていた。彼女はその約束を守り、遺灰を2年間自宅に保管した後、指定された場所に移したという(Biography.com)。メアリー以外は誰も知らない場所で、静かに眠るフレディ。さながら映画のような、フレディらしいエンディングといえよう。

Text by 山川 真智子

Recommends