なぜ日本の感染者は少ないのか……海外が見る「日本の謎」 新型肺炎

Koji Sasahara / AP Photo

◆検査なしでは実態わからず 偽の安心を懸念
 キンドラチュク准教授は、文化的な影響を否定はできないが、それだけでは説明できないと考えている。感染者数の少なさは「偽の安心感」だとし、日本ではまだ最も弱い人々への感染が広がっていない可能性があると述べる。この層に広がれば、あっという間に感染は拡大すると見ている(ビジネス・インサイダー誌)。

 英キングス・カレッジ・ロンドンの教授で、元WTOの政策チーフ、渋谷健司氏は、日本では集団感染のクラスター潰しに集中した結果、感染が封じ込められたのか、まだ見つかっていない集団感染があるのかのどちらかだと述べる。どちらも妥当だとしながらも、日本は爆発的感染を迎えようとしており、封じ込めからピークを遅らせる段階にもうじき移行すると予想している。検査数に関しては、増えてはいるものの十分ではないという認識だ(ブルームバーグ)。

次は フランス人はなぜマスクをつけないのか? 「感染防がない」の奥にある本音




<関連リンク>
新型コロナウイルス、暖かくなれば終息するのか?
「野生動物の販売を禁止すべき」新型コロナウイルス発生で高まる声 中国
WHOと中国の裏に何が? 不自然な中国「配慮」に、各所から疑問の声 新型肺炎
なぜトイレットペーパー? 世界各地で買い占め パニック時の消費者心理とは

Text by 山川 真智子

Recommends