英ロイヤルベビー、米に納税義務か 二重国籍で史上初の事態に

Facundo Arrizabalaga / AP Photo

 出産を間近に控えたイギリスのメーガン妃だが、イギリスの王族であっても、アメリカ人の同妃から生まれてきた赤ちゃんには自動的に米国籍が与えられる。その結果アメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)への納税申告が必要となり、重国籍のロイヤルベビーには、多額の納税義務が生じるとされている。

◆徴税に厳しいアメリカ 国外居住でも納税義務あり
 メーガン妃はハリー王子と結婚した今でもアメリカ国籍だ。エンターテイメント・ニュースサイト『MEAWW』によれば、同妃はイギリスの市民権を申請したという報道もあるというが、王族とはいえ、通常の移民手続きを踏まなければならない。イギリス人となるためには、最低5年間イギリスに居住していなければならないので、それまでアメリカ国籍を返上することはできない。

                                                                                                                 

 アメリカの法律では、アメリカ人の親が過去に5年以上アメリカに住んでいたことがあれば、海外で出産した場合でも、子供には自動的にアメリカ市民権が与えられる。それに伴い、子供にはアメリカに住んでいなくても納税義務が生じることとなり、メーガン妃のロイヤルベビーもその対象となる。アメリカ国籍を返上することもできるが、法律により18歳から可能なので、それまでは納税義務は避けられそうにない。

Text by 山川 真智子