妊産婦の心強い味方「ドゥーラ」という職業 家事・育児をサポート

JennaRich / Wikimedia Commons

◆ストレスの多い女性にとってのドゥーラ
 とくに軍隊に所属している妊婦や母親にとってドゥーラは必要だと言われている。その理由は、軍隊である以上は転勤や移動が多く、そのたびに新しい土地で病院や医者を見つけるのは大変困難だからである。家庭生活を新たに最初から作り上げていくだけでも大変であり、そのなかでの妊娠、特に初めて子供を産むというストレスは考えられないほど圧倒的で、さまざまなことを考慮する必要がある。軍隊の女性に限らず、身体への負担が大きく、プレッシャーの多い職業についている女性には同じことが言えるだろう。

 出産の際には、オキシトシンと呼ばれるホルモンが作用していることが重要であり、それは妊婦が安心感をもち、愛され守られていると感じなければ分泌されない。その場合、出産が遅れたり、ストップしたりする可能性もある。ストレスの多い環境や職業を持つ女性にとって、信頼のおける存在でありつつ専門的な知識を持つドゥーラのサポートが大きな助けになるのである。

◆ドゥーラの利点
 ドゥーラを利用することで、出産の際の合併症を減らすことができるなど、より安全性の高い結果がでることが明らかにされている。

 ニューヨーク州のエリー郡とキングス郡の両郡は、州内で医療保険制度の一つであるメディケイドを利用した出産が多く、妊産婦死亡率と乳児死亡率が最も高い。これらの母親と胎児を救うために、両郡は昨年11月に、より多くのドゥーラを医療システムに導入するテストプログラムを開始した。州保健局は今まで家族が自腹を切って払っていたドゥーラのサービス料金を、メディケイドでカバーできるようにしたのだ。また、トレーニングやアウトリーチ、教育への取り組みも行う。

Text by sayaka ishida

Recommends