ジョン・ボン・ジョヴィのレストラン、困窮者に無料の食事 払える人が「Pay it Forward」

JStone / Shutterstock.com

 政府機関の封鎖が35日間続いたアメリカで、連邦職員の多くが自宅待機などを指示され、収入も途絶え苦境に陥っていた。そんな彼らに、ニュージャージー州でレストランを経営するロックスター、ジョン・ボン・ジョヴィが、無料で食事を振舞った。実は彼のレストランでは、お金がなくてもだれでも食事ができる。「pay it forward(次に渡そう)」をミッションとするこのレストラン、いったいどんなところなのか。

◆ロックスターが財団設立 目的は困窮者の救済
 ジョン・ボン・ジョヴィは、80年代から活躍するアメリカを代表するハードロック・バンド「ボン・ジョヴィ」のリーダーだ。実は彼は2006年にJBJソウル・ファウンデーションという団体を設立し、チャリティ活動を行っている。同団体は、ジョンの故郷ニュージャージー州で「JBJソウル・キッチン」というレストランを2件保有しており、このうちの1件が、1月21日の午後12時から2時までの間、連邦職員とその家族に無料で食事を提供した。

                                                                                                                 

Kathy Nolan / Shutterstock.com

 ジョンと、レストランの経営に参加する妻のドロセアさんは、「ソウル・キッチンを創設して以来、食べることに困っている人たちの行き場を作ろうとしてきた」と言う。苦境に陥っている多くの連邦職員は、隣人であり友人でもあるとし、彼らをサポートする場所と手段を作る方法の一つとして、昼食の提供を決めたとしている(CBS)。

Text by 山川 真智子