自分と正反対の人に惹かれる 広く信じられている恋愛の迷信

Dean Drobot / Shutterstock.com

著:Matthew D. Johnsonニューヨーク州立大学ビンガムトン校 Chair & Professor of Psychology and Director of the Marriage and Family Studies Laboratory) 

 自分と正反対の人は魅力的だ、と、誰しも賛成するだろう。老いも若きも、幸せに包まれるパートナー同士も、悲しみに暮れるカップルも、独身、既婚を問わず、愛にまつわるこの古典的な言い回しには皆、賛成を表明しているらしい。人間関係に詳しい専門家たちは、この仮定に基づいて書籍執筆した。パートナーを募集中の人たちの86パーセントが自分と正反対の気質を持つ相手を探している、と公言し、その人たちにとってはこの考え方は既に強く自分の内面に根ざしたものにさえなっている。

 ところが、ことロマンスの話になると、磁石のN極とS極が引き合う、という真実がまったく当てはまらないことがあるから厄介だ。私は自著、『Great Myths of Intimate Relationships: Dating, Sex, and Marriage』で述べたが、人は、自分自身に似ている相手に魅了される傾向がある。

                                                                                                                 

◆あなたが私にとても似ていることが好き
 人が本当に自分と正反対の人により大きな魅力を感じるのかどうかは、多くの科学的な研究の対象となっている。研究者たちは、どんな組み合わせであればよりロマンチックなパートナー同士になれるのかを研究した。似た者どうしが良いのか、それとも、違う性格の者どうしが良いのか、さらには、正反対の性格の者どうしが良いのか? 科学者たちは、考え得る3つの可能性を仮説として唱えた。それぞれ、ホモガミー(似た者同士)仮説、ヘテロガミー(正反対の者同士)仮説、そして相補性仮説という。

 ここでは、明らかにホモガミー仮説に分がある。1950年代以降、社会学者たちは240以上の調査を実施し、態度人柄対外的な好奇心の強さ価値観その他の気質の観点から、相似性が相手を惹き付けることにつながるかどうかを見極めようとしてきた。2013年には、心理学者のマシュー・モントーヤ氏とロバート・ホートン氏は、いわゆるメタ解析という手法でこれらの総合的な研究結果を分析した。両氏は、相手が似ている、ということと、相手に惹かれる、ということの間に、反論の余地のない相関性があることを見いだした。

 つまり、明確で説得力のある理由があるからこそ「類は友を呼ぶ」ようになることが判明した。人間にとって、似ている、ということが人を惹きつける作用はとても強く、洋の東西を問わず、文化を越えて見られる傾向である。

 類似性が魅力と相関関係にあるため、婚姻関係、または結婚を前提とした関係にある個人同士が様々な点で似ている、というのも理にかなっている。これには同類交配という用語がしばしば使われるが、この用語は本来、学歴や職種、容貌などが似ている者どうしがカップルとなる傾向にある様態を表わすために多用されるものだ。

 しかしながら、これは、自分と対極にある相手には惹かれない、ということを必ずしも意味するものではない。ホモガミー仮説と相補性仮説のいずれもが真で有り得る、ということだ。それでは、正反対の者同士が往々にして惹かれ合う、ということに科学的な論拠はあるのだろうか?

◆あなたの長所で私の短所を補うということ
 品行方正な女の子なのに、素行不良で問題児の男の子と付き合うことになる、といった自分には無い気質を具有するパートナーを見つけてしまう人がラブ・ストーリーには頻繁に登場する。このように、両者は互いに補完し合っているように見える。たとえば、夫婦のどちらか一方が外交的で陽気な性格なのに、他方は恥ずかしがり屋で生真面目である場合などだ。パートナーの両者が、他方を理想的な相手だと見ていることは容易に理解できる。片方の長所が他方の短所を補って釣り合いを保っている。実際、引っ込み思案で恥ずかしがり屋の人をなんとか外へ連れ出そうとして、その人を明るくて外向的な人と仲良くなってもらおうと東奔西走するその人の友人や親戚たちのことが容易に頭に浮かぶことだろう。問題は、人は実際に自分を補完してくれるパートナーを探しているのか、それとも、そんなことは映画の中だけでしか起きない話なのか、ということだ。

 結局のところ、これは純粋に架空の話に過ぎない。人格、興味の対象、学歴、支持政党、生い立ち、宗教や他の気質が自分とは違う、ということでより相手に強く惹かれるようになることを示す学術的な証拠は、そもそも一切発見されていない。

 たとえば、ある調査で、大学生たちは、自分自身の知らないことを略歴に書いているクラスメートより、自分自身、もしくは自分が思い浮かべる理想像に似た略歴を紹介したクラスメートのほうにより強い好感を抱くことを研究者たちは発見した。他の研究もこうして得られた知見を支持している。例えば、内向的な人は他の誰かに惹かれることはあっても、外向的な人に惹かれることは稀である、といった具合だ。

◆なぜ自分と正反対の人に惹かれてしまうと断言できるのか?
 ここまで圧倒的な証拠が揃っているにも関わらず、なぜヘテロガミー仮説の神話は崩れないのだろうか? ここに、おそらくいくつかの新しい要因が作用している。

 まず、コントラストはより際立つ傾向にある、ということだ。たとえ、カップルのパートナー双方がどれほど多くの点で似通っていたとしても、結局、互いの相違点について言い争いになることがある。

 その上、最初は夫婦の違いが微小だったとしても、時がたつにつれ徐々にその違いは大きくなる、という証拠もある。心理学博士のアンドリュー・クリステンセン氏、ブライアン・ドス氏およびニール・ジェイコブソン氏は、共著の自己啓発本『Reconcilable Differences』の中で、パートナーたちが時間の経過につれてどのように相補的な役割を果たすようになるかを解説している。

 たとえば、夫婦のどちらか一方が他方より少し多くユーモアがある場合、ユーモアの多いほうが「愉快な人」の役を担うようになり、ユーモアの少ないほうは「真面目な人」の座に就こうとするようになる、と言う。科学者たちは、時が経つにつれ、パートナー達は互いにより多く相補しあうようになることや、最初は極めてよく似ていた者同士であっても、程度の差こそあれ自分を差別化する方法を見いだしていくことを実証した。

 つまるところ、自分に似ていることに起因する魅力は、自分とは違うことに起因する魅力を遥かに上回るのだ。人は、自分と反対の人に惹かれる、という考えに固執する。しかし実際は、比較的似た者同士のパートナー達が、時間が経つにつれ、ほんの少し互いの相補性が強まるだけのことなのだ。

This article was originally published on The Conversation. Read the original article.
Translated by ka28310 via Conyac

The Conversation

Text by The Conversation

Recommends