アメリカで長く乗り続けられる愛車トップ15を日本車が独占、映えある第1位は?

Toyota Highlander | lev radin / Shutterstock.com

 米国の自動車情報サイト「iSeeCars.com」の調査によると、アメリカで15年間以上オーナーに乗り続けられている車の上位15台の車両は、全て日本車であった。

 2018年に実施された調査では、2018年に売買された1981年から2003年のモデルから75万台以上の車を対象に、どの車が少なくとも15年間以上乗り続ける可能性が最も高いかを判断した。 上位15台のうち、トヨタ車は10台がランクインしてトップ、ホンダは2番目であった。 iSeeCarsのCEO、Phong Ly(フォン・リー)氏は、「日本車は品質と信頼性で広く知られており、このリストの結果から再確認されている」と述べている。「SUVは15台中8台がランクイン入りし、リストの大部分を占めている。他のリストにはピックアップトラック、セダン、ミニバン、さらにはハイブリッド車を含む車種が含まれている」

                                                                                                                 

◆トヨタ車の独占
 トップスポットを獲得したのは、トヨタのミッドサイズSUVのハイランダーで、オリジナルオーナー(その車を新車で購入した人)の18.5%が15年以上、全車両平均の2.5倍(全車両平均7.5%)の長さで車を所有している。さらに3台のトヨタSUVがランキングしており、6位のセコイヤ、11位のRAV4、及び14位の4Runnerがトップ15入りをしている。リー氏によると、 「これらのトヨタSUVは、すべて平均以上の信頼性評価を獲得しており、オーナーが長く車をキープし続ける理由に貢献している」と説明。

Toyota Prius | Christopher Halloran / Shutterstock.com

 2位を獲得したのは、トヨタプリウスでリストアップされている唯一のハイブリッド車でもあった。 リー氏によると、「ハイブリッド車は、ガソリン代を節約できる一方で、通常車より初期費用が掛かるため、所有者は費用を取り戻すためにより長くハイブリッド車をキープする傾向にある。」と説明している。 「量産ハイブリッドの中で最も古く、未だに生産が続いているプリウスが2位にランクインしたことは、バッテリーの耐久性に関する懸念を払拭し、従来の燃料車を超えてどの技術にもトヨタの品質と信頼性基準の高さが適用されていることを示している」

 トヨタのピックアップトラックもランキング入りしており、5位にタンドラと7位にタコマが入る。「 JD Powerによると、タンドラは最も信頼できる大型ピックアップトラックと呼ばれることが多く、又、タコマは一貫してベストセラーの中型ピックアップトラックである」 リー氏は、「オーナーが長年トヨタのピックアップトラックを手放さずに保持し続けているという事実は、トヨタの高い信頼性に起因する」と説明している。

 トヨタの中型セダンでは、12位のカムリと15位のアバロンがランクイン。 「カムリとアバロンは、同じプラットフォームを共有して作られており、どちらも優れた信頼性評価を得ている。多くの自動車メーカーは、セダンモデルの人気低下により、製造を打ち切りにしているのに対し、優れた品質で、これら2台のトヨタの人気セダンは、需要がまだ存在することを示している」

Text by Takako Tsujimoto

Recommends