アメリカで長く乗り続けられる愛車トップ15を日本車が独占、栄えある第1位は?

Toyota Highlander | lev radin / Shutterstock.com

 2位を獲得したのは、トヨタプリウスでリストアップされている唯一のハイブリッド車でもあった。 リー氏によると、「ハイブリッド車は、ガソリン代を節約できる一方で、通常車より初期費用が掛かるため、所有者は費用を取り戻すためにより長くハイブリッド車をキープする傾向にある。」と説明している。 「量産ハイブリッドの中で最も古く、未だに生産が続いているプリウスが2位にランクインしたことは、バッテリーの耐久性に関する懸念を払拭し、従来の燃料車を超えてどの技術にもトヨタの品質と信頼性基準の高さが適用されていることを示している」

 トヨタのピックアップトラックもランキング入りしており、5位にタンドラと7位にタコマが入る。「 JD Powerによると、タンドラは最も信頼できる大型ピックアップトラックと呼ばれることが多く、又、タコマは一貫してベストセラーの中型ピックアップトラックである」 リー氏は、「オーナーが長年トヨタのピックアップトラックを手放さずに保持し続けているという事実は、トヨタの高い信頼性に起因する」と説明している。

 トヨタの中型セダンでは、12位のカムリと15位のアバロンがランクイン。 「カムリとアバロンは、同じプラットフォームを共有して作られており、どちらも優れた信頼性評価を得ている。多くの自動車メーカーは、セダンモデルの人気低下により、製造を打ち切りにしているのに対し、優れた品質で、これら2台のトヨタの人気セダンは、需要がまだ存在することを示している」

                                                                                                                 
Text by Takako Tsujimoto

Recommends