アメリカで長く乗り続けられる愛車トップ15を日本車が独占、映えある第1位は?

Toyota Highlander | lev radin / Shutterstock.com

◆ホンダ車も多種ランクイン
 2モデルのミニバンがトップ15のリストに含まれ、 3位のトヨタシエナと8位のホンダオデッセイがランクインした。 リー氏によると、「ミニバンは、その実用性と利便性で、小さな子供を持つ家族にとって理想的なファミリーカーである。更には、これらの車両は家族にとって非常に信頼性が高いため、子供が成長してミニバンが必要なくなっても保持し続けている可能性が高い。」と説明している。

 ホンダのSUVも2台ランクインしており、4位に選ばれたミッドサイズSUVのパイロットと9位のコンパクトSUVのCR-Vは、いずれも15年以上乗り続けられる自動車に含まれている。 「ホンダの両モデルは、常に高い信頼性と安全性の評価を得ており、年数を超えて人気のあるファミリーカーと言う支持を得ている」

The Acura MDX | moonfish8 / Shutterstock.com

 又、リストに載っている唯一のラグジュアリー車は、ホンダの高級車ブランドラインのアキュラ・MDXで、13位を獲得。 「MDXはホンダのパイロットとシャシーを共有しており、どちらの車もランキング入りを果たしている事より、車の性能が優れている事を表している」

◆スバルも1台がランクイン
 スバルは、唯一コンパクトSUVのフォレスターが10位を獲得。「フォレスターは、スバルブランドの特徴である、その安全性と手頃な価格で知られる信頼性の高いモデルである。この車両は、標準装備の全輪駆動システムと優れた燃費機能を提供し、実用性を重視する消費者にとって魅力的なモデルである」(リー氏)

                                                                                                                 

Subaru Forester | Grzegorz Czapski / Shutterstock.com

 総括して、今回のリストの結果が全て日本車で占められた事はそれほど驚くにはあたらない。日本車は、米国のオーナーに乗り続けられる車のランキングを独占しており、米国での日本車の安全性や耐久性に対する信頼性はゆるぎないものを証明している結果であるだろう。又、米国で日本車は、中古販売でのリセールバリューも高いことで知られており、長年乗り続けても日本車以外の車よりも高く買い取ってもらえる傾向にあることも影響していると考えられる。

Text by Takako Tsujimoto

Recommends