イギリス次世代戦闘機「テンペスト」、スウェーデン参加で実現に弾み

ユーロファイター タイフーン|Andrew Harker / Shutterstock.com

 イギリスが推進する第6世代戦闘機「テンペスト」の開発プログラムに、スウェーデンが参画することが明らかになった。ドイツ・フランスが進める計画の枠組みから外れていたイギリスだが、自前の開発計画のパートナーを獲得したことで、コスト面での実現性を一歩高めた。新型機はレーザー兵器を搭載しドローンの遠隔操作に対応するもので、2040年ごろ導入される予定だ。

♦︎ドローン制御に対応、レーザー搭載
 現在イギリスの主力戦闘機はユーロファイター・タイフーンだが、新型機テンペストはその後継機にあたる。英フィナンシャル・タイムズ紙(7月7日)は、テンペストが「イギリスの空中戦術の中核」を担い、「最先端の専門的技術を保持しようとするイギリスの意向を明確に示す」ものであると伝え、その重要性を強調している。計画の初期段階として20億ポンド(約2700億円)が投じられる。

                                                                                                                 

 英エクスプレス紙(7月8日)によると、新型機は無人飛行が可能になる模様だ。さらに、スウォーミング(群体飛行)技術によって複数のドローンを制御するほか、レーザーに代表されるような指向性エネルギー兵器を装備する。英BAEシステムズと英ロールスロイス、さらにミサイルの知見を持つ仏MBDAを中核として、複数のヨーロッパ企業が開発に携わる予定だ。指向性エネルギー兵器への大容量の電力供給を実現すべく、ロールスロイスが革新的なガスタービンを開発するという報道も一部に出ている。

Text by 青葉やまと