北極海で権益拡大、中国の「氷上のシルクロード」に米警戒 第3の一帯一路

Bahnfrend / Wikimedia Commons

 米国のポンペオ国務長官は6日、訪問先のフィンランドで北極海をめぐる情勢について演説し、「北極海は新たな戦略空間となっているが、関係各国は共通のルールに基づいて行動するべきだ」との認識を示し、また、「北極海を新たな南シナ海にしてはならない」と中国を強くけん制した。

 米国は中国の北極海進出に警戒感を強めており、北極海が新たな米中対立の場とならないよう、軍事、安全保障的な視点から北極海への関与を強めようとしている。

                                                                                                                 

◆豊富な資源が眠る北極海
 北極海の海氷融解が進み、航路やその下に眠る天然資源の開拓をめぐって、各国は新たな可能性を得ようとしている。北極海航路は、パナマ運河やスエズ運河を通過する航路に比べて大幅なショートカットになり、また、世界で採取されていない石油の13%、天然ガスの30%が眠っているとされ、令和時代には北極海をめぐる国家間競争はいっそう激しくなるだろう。

Text by 和田大樹