韓国船の“瀬取り”容疑 米紙「韓国政府の制裁への姿勢が疑われる」

Kim Jae-hong / Yonhap via AP

 国連安全保障理事会による経済制裁の対象となっている北朝鮮に対して石油製品を提供したとして、韓国籍のタンカーが韓国政府により摘発された。洋上で積荷を北朝鮮船に移動する「瀬取り」の手法で、石油製品を密輸した疑惑が持たれている。韓国船による瀬取り疑惑は今回が初めてではなく、同国はこれまで制裁遵守のための十分な取り組みを怠ってきたのではないかと指摘するメディアも出ている。

♦︎韓国船による瀬取り
 疑惑の対象となっているのは、韓国籍のタンカー「Pパイオニア号」だ。同船は2017年9月、北朝鮮籍の2艘の船舶に対し、瀬取りの手法で石油製品を提供したものと見られている。韓国海洋警察庁は今年1月、同船船長と管理会社を、南北交流協力法および船舶入出港法違反の疑いで送検した。事実であれば韓国国内法だけでなく、国連安全保障理事会の制裁決議への違反にも当たる。

                                                                                                                 

 今回韓国検察庁が捜査に乗り出したのは、アメリカからの通報を受けてのことだ。当局は昨年10月から釜山港にタンカーを係留させ、調査を進めている。韓国外務省関係者は「アメリカならびに国連の北朝鮮制裁委員会と緊密に協議している」とコメントしている。

>次のページ 韓国政府の対応、十分でなく




Text by 青葉やまと