米海軍、レーザー兵器「HELIOS」を駆逐艦に搭載へ ドローンなど破壊

揚陸艦「ポンス」搭載LaWS / U.S. Navy photo by John F. Williams / Wikimedia Commons

『スター・ウォーズ』や『機動戦士ガンダム』のビーム(レーザー)兵器が現実になる日も近い。主力駆逐艦にレーザー兵器を搭載するアメリカ海軍の計画が数年以内に具体化する見込みだ。受注先のロッキード・マーティン社が、60kwクラスの高出力レーザーシステム「ヘリオス」の開発に着手しており、2021年までに米海軍主力ミサイル駆逐艦アーレイ・バーク級に搭載されると報じられている。

◆攻撃・監視・妨害の3つの能力をレーザーで統合
 ロッキード・マーティン社のプレスリリースによれば、同社は米海軍から、1億5000万ドル(約165億円)で2種類の新型レーザー兵器システムの開発・製造の契約を受注。一つは、駆逐艦搭載型で、アーレイ・バーク級の既存のイージス戦闘システムに組み込まれる。もう一つは、基地などに固定するタイプで、ニューメキシコ州のホワイトサンズ・ミサイル実験場に広域試験のため送られる。

                                                                                                                 

 先行している駆逐艦搭載タイプは、High Energy Laser and Integrated Optical-dazzler with Surveillance(HELIOS=ヘリオス)システムと呼ばれる。60kwから150kwの安定した高出力レーザーによる攻撃・監視・妨害の3つの用途を統合したまったく新しい兵器システムだという。

 攻撃面では、小型船舶や無人航空機(ドローン)を攻撃目標に想定しており、敵機を焼き尽くして破壊する。ロッキード・マーティンのプレスリリースに掲載された完成予想CGでは、SFの宇宙戦艦さながらに、ピンク色のビームを砲台から発射してドローンを撃ち落としている。

「ヘリオス」は、レーザーによる監視・偵察能力も兼ね備え、指揮官に多様な情報をもたらす。また「Dazzler(ダズラー)」と呼ばれる光学的な妨害機能も備える。これは、低出力のレーザーを発して敵ドローンを破壊せずにカメラとセンサーを目眩まし・混乱させるものだ。

Text by 内村 浩介

Recommends