「TikTokが中国政府にユーザー情報を送信」アメリカで訴訟

XanderSt / Shutterstock.com

 モバイル向けショートムービーのプラットフォームアプリ「TikTok」は、すでにダウンロード数が累計15億回を突破したとされ、若者を中心に急速に広がっている。中国が生んだソーシャルメディアアプリとして初めて世界的成功を収めたといえる。そんなTikTokがユーザーの個人情報を勝手に収集し中国に送ったとして、アメリカ人がTikTokを相手取り訴訟を起こしている。

◆使っていないのに情報収集? 生体的特徴も
 ウェブ誌『デイリービースト』によれば、訴訟を起こしたのはカリフォルニア州パロアルトに住む大学生のミスティ・ホングさんだ。TikTokと親会社のバイトダンスが、ユーザー情報を慎重に扱うという義務をおろそかにし、多数のデータ収集とプライバシーの権利の規則に、故意に違反したと主張している。

 ホングさんの主張によると、今年の3月か4月にTikTokアプリをダウンロードしたところ、ユーザー登録をしなかったにもかかわらず、アプリが勝手に彼女の電話番号を使ってアカウントを作成した。そして、一度も投稿されていないいくつかの動画をアプリが分析して、彼女の個人情報ファイルを作成。情報のなかには、顔写真のスキャンもあった。それからアプリは彼女の個人情報を中国政府と協力する企業が所有し運営するサーバーに送ったということだ。

 訴訟は、TikTokアプリをダウンロードしたアメリカの住民も含めた代表訴訟の形を取っており、懲罰的損害賠償と、アメリカから中国へのユーザー情報の転送および、ユーザーがアップロードしなかった動画からの生体認証データの収集の禁止命令を求めている。

Text by 山川 真智子

Recommends