発泡プラのアップサイクル方法、米大学が開発 ゴムや硬質プラに

Aoey / Shutterstock.com

◆ポリウレタンフォーム廃棄物のリサイクル開始につながる可能性
 当研究を率いたノースウェスタン大学のウィリアム・ディヒテル教授は、「私たちが開発した方法は、ポリウレタンフォームから効果的に空気を取り除いて、あらゆる形状に再成形する。これは、産業界がポリウレタンフォーム廃棄物のリサイクルを開始して、多くの用途に使用する道を開くかもしれない」と述べている。

 この研究はアメリカ国立科学財団とケック財団によってサポートされ、科学ジャーナル「ACS Central Science」に掲載された。

 いままでリサイクルが難しかったポリウレタンフォームをアップサイクルしてさまざまな用途に使用できるようにする、ノースウエスタン大学とミネソタ大学の研究。これからの展開が期待される。

Text by クリューガー量子

Recommends