蚊の恐怖と、遺伝子操作というパンドラの箱

James D. Gathany / Wikimedia Commons

 地球上で最も危険な生き物は「蚊」だ。あんな小さな虫が危険?と疑問に思う人も多いだろうが、年間平均で人を最も死に至らしめているのが蚊だという。

 夕方になるとどこからともなくやってきて、気をつけていても毎回どこかを刺していく蚊は、吸血する際に少量の体液を一緒に注入する。すると、刺された動物は体の免疫が反応してかゆみを感じる。人の場合は、蚊刺過敏症といって刺された箇所が熱を持って真っ赤に腫れたり、酷いかゆみが起こる場合もある。また、刺されてもまったくかゆみを感じないという人もいて、体質によって蚊に対する反応は大きく異なるが、刺されても平気な人も蚊には要注意だ。

 蚊に刺されることは、かゆみなどの不快な症状だけでなく、場合によっては命を落としかねないリスクを伴っているのだ。

◆蚊はサメやワニよりも怖い
 蚊によって命を落とす人は非常に多い。ビル・ゲイツ氏が自身のブログ「gatesnotes」で発表した「World’s Deadliest Animals」によれば、その数はサメやワニに襲われたり、誰かに殺害されたりする人数よりはるかに多く、平均年間犠牲者数は約725万人(2014年集計)。その原因は、蚊が運んでくる病原菌にある。

 蚊媒介感染症にはおもに7つあり、デング熱、チクングニア熱、ジカウイルス感染症、日本脳炎、ウエストナイル熱、黄熱、そしてマラリア。厚生労働省の発表によれば、日本では日本脳炎以外の蚊媒介感染症はほとんど例がなく、海外からの輸入感染症とみられている。

次のページ 日本でかかりやすい蚊媒介感染症は日本脳炎




Text by 西尾裕美

Recommends