イタリアの町「家を無料であげます」 日本の過疎地域との共通点

Andreas Zerndl / Shutterstock.com

 イタリアのシチリア島にある小さな町、カンマラータが、過疎化した町をよみがえらせるため、空き家を無料で引き取ってくれる人を募集している。日本でも同様の取り組みがあり、人口減少、高齢化に伴うコミュニティの衰退は、多くの先進国で深刻化しそうだ。

◆人が減って町が台無し 首長が危機感を表明
 カンマラータは、シチリアの中心都市パレルモから約60キロ南東にある人口6300人ほどのコムーネ(基礎自治体)だ。イタリアの伝統を受け継ぐ歴史的な町だが、人口減少で空き家が増え、かつての活気は面影もない。

                                                                                                                 

 人口減少を食い止めようと、首長のジャンブローネ氏は3年間にわたって空き家の持ち主を説得し、新しい住人に無料で引き渡すことに合意させた。同氏は、空き家の持ち主は家を修理せずほったらかしにし、町の景観を台無しにしていると主張。町自体が廃墟になる前に手を打たねばならないと決意したという(CNN)。

Text by 山川 真智子