ホンジュラスでデング熱が大流行 子供が多数死亡

AP Photo / Eduardo Verdugo

 平時には青少年患者の火傷の治療に使われているその病棟は、いまではデング熱の専門病棟だ。心配そうに見守る親たちのそばで、患者である子供たちが、憔悴しきったように蚊帳の下に横たわる。9歳のカルロス・ベニテス君は、医師の監督下でデング熱の治癒を待ちながら数日間の静脈輸液に耐え、ようやくその日、退院が決まった。

 しかし、大学病院のこの病棟を監督するサラ・エルナンデス医師は、カルロス君の退院で空いたこのベッドも、そのほかの病床と同様、すぐさま別の患者で埋まると知っている。蚊によって媒介されるこのウイルス性感染症の流行を受け、今年6月にこの病棟がデング熱患者の受け入れを開始して以来、同じことがずっと続いてきたからだ。

 ホンジュラスでは、今年のデング熱による死者は少なくとも135人。死者の3分の2近くが子供だ。そのほかにも、研究施設での確定待ちのデング熱の死亡疑い例が相当数にのぼる。ラテンアメリカ諸国のなかでも、ホンジュラスでのデング熱による今年の死亡率は突出して高い。現在この国で最も流行しているウイルス株は、とりわけ重い症状をもたらすタイプだ。

                                                                                                                 

 大統領の再選を禁じた憲法に反して、2017年に二期目の大統領の座を勝ち取った現大統領が招いた政治不信をきっかけに、今でも社会不安がうずまくホンジュラス。まさにそのタイミングで、今回のデング熱の流行が発生した。社会不安を引き起こした張本人であるフアン・オルランド・エルナンデス大統領は、自身の弟が関わったアメリカ国内での麻薬密売事件に関与した疑いも指摘されている。また今年の4月から5月にかけて、ホンジュラス国内の医師や看護師らが、大統領が提案した医療保健改革案に反対し、数週間にわたる激しいデモを行った。彼らがデモを行ったのは、その改革が医療制度の民営化に道を開くと危惧したからだ。

 過去5年間、同国ではデング熱による死者が16人と少なかったことから、人々の間にこの病気に対する油断が生まれていた面もある。だが、ウイルスとは多くの場合そのような傾向を伴うものであり、数年間の落ち着きを見せた後、再び大流行を起こすのは珍しいことではない。

 メキシコを含めた中米地域全体で見ると、今年これまで記録されたデング熱の発症数は、すでに去年1年間のほぼ2倍。グアテマラ、メキシコ、ニカラグアの各国でも、それぞれ二桁の死者が出ている。

 パンアメリカン保健機構がまとめたデータによると、メキシコを含めた中米地域において、前回デング熱で多くの死者が出たのは2013年だった。その年の流行の中心はメキシコであり、メキシコ国内では192人が死亡、その年の同地域での死亡数の大半を占めた。

 今年8月にホンジュラスを訪問したパンアメリカン保健機構のリージョナルアドバイザー、ホセルイス・サンマルティン医師によると、今年のような大流行が発生する際には、多くの感染者が早い段階で治療を受けることをせず、不十分な医療処置しか受けていない状況が見られるという。

 さらにサンマルティン医師は、ホンジュラスが抱える「非常に切迫した社会政治状況」にも言及した。

「デング熱の歴史を振り返ると、『本来ならば防止が可能なはずだった』と後から言われる、いくつもの外的ファクターが常に存在します」とサンマルティン医師は話す。

 大学病院のデング熱病棟で働くエルナンデス医師によると、ホンジュラスでは、今年の流行による死亡患者のなかで子供の死者が目立って多い。その理由は、子供は多くの人数が集まる学校に通ったり屋外で遊んだりする機会も多いため、病気への防御が甘い上に病気に触れる機会が多いからだという。

 流行の初期から正しい対策が行われる通常の状況であれば、本来的にはデング熱はそれほど多くの死を引き起こす病気ではない、とサンマルティン医師は話す。

 感染者のほとんどが、深刻な症状を発症する恐れはほぼない。しかし、過去に別種のウイルス株のデング熱に感染した人が、新たに別のウイルス株に感染した場合、重症化のリスクが高くなる。とりわけ劇症的な症状を伴うものを、出血性デング熱と呼ぶこともある。その症状としては腹痛、嘔吐、出血などで、内臓が深刻な損傷を受けるリスクもある。

 ある日の午後、数十名の緊急作業員が、落ち葉を吹き飛ばすリーフブロワーに似た噴霧器を大きくうならせながら、丘の中腹に広がる首都テグシガルパの住宅地区をくまなく練り歩いた。殺虫剤の煙に包まれた自宅や通りを見ながら、地元住民のイングリッド・ハルトン氏は、この噴霧防除により、デング熱の死者数が食い止められることを希望している。

「この地域では常にデング熱が問題になっており、ときには死者も出ています」とハルトン氏は話す。

 国家人権委員会のホンジュラス代表を務めるロベルト・エレーラ・カセレス氏は、ホンジュラス政府は、気候変動が深刻化しているこの時代に、森林火災や洪水、そのほかの災害への対応と同じレベルで、より良い流行防止策を講じる必要があると述べている。

「そういった先見性がないばかりに、ホンジュラスの人々が、愛する同胞の死に苛まれるようなことがあってはなりません」

 サンマルティン医師によると、現在ホンジュラス政府はこの問題に対し、殺虫剤噴霧と教育・啓蒙に加えて、デング熱の検出と治療の技術向上にも取り組んでいるという。

 今年6月14日には、ホンジュラス国内18の県のうち12の県で非常事態宣言が出された。また7月2日には、ホンジュラス政府が国家緊急事態宣言を発令した。さらにその2週間後にはエルナンデス大統領が、デング熱に対して「必要とされる万全の」医療措置を受けるよう国民に呼びかけた。

 ここ最近の二、三週に関しては、新たな発症例の報告は減少しているものの、専門家らは、この地域は現在まだ雨季の最中にあり、最悪の時期が過ぎ去ったと判断するのは時期尚早だと警鐘を鳴らす。

 従来、デング熱は季節性の感染症だ。通常ならば雨季の終わりを迎える11月には流行がおさまり、その次の6月に再び発生するという流行サイクルを繰り返してきた。ところが去年に関しては、11月になってデング熱の発生が報告されている。専門家らは、今年も再び去年と同じパターンが繰り返されるかどうかを注意深く見守っている。もし仮にそうなれば、ウイルスの季節サイクルが変化した可能性も考える必要があるからだ。

 場面は再び冒頭に戻る。首都で最も規模の大きいその大学病院で、今回退院がきまったカルロス・ベニテス君の母親のドゥルセ・マリア・ヒメネス氏は、一週間にわたる息子の闘病の経過を振り返った。月曜日の夜に、カルロス君は発熱と体の痛みを訴えた。すでにその時点で母親は、それがデング熱の症状だと認識。すぐさま地元のクリニックに息子を連れて受診した。しかしその後、症状は悪化の一途をたどり、とうとうカルロス君は、衰弱のあまり立つこともできず、母親に向けて話すことすらできなくなった。

 そして金曜日の時点で、母親は彼をこの大学病院に連れて来た。その後、次の火曜日になってようやくカルロス君は自力での歩行が再びできるようになった。

 母親のドゥルセ・マリア氏は、今後は自宅の貯水タンクの清掃を行い、カルロス君が必ず蚊帳の中で眠るよう徹底すると話している。

「でも、対策は本当に難しいです。場合によっては、自宅や近所ではなく、出かけた先のどこか別の場所で蚊に刺されることもありますから」とマリア氏は言う。

By CHRISTOPHER SHERMAN Associated Press
Translated by Conyac

Text by AP