「日本のように」英女王にも譲位のすすめ ブレグジットのいまが好機?

Shaun Jeffers / Shutterstock.com

 5月1日、日本では新天皇が即位し、令和の時代が始まった。前天皇(明仁上皇)は高齢を理由に自ら退位を選んだが、イギリスでは93歳のエリザベス2世がいまも現役だ。しかし王位継承権第1位のチャールズ皇太子もすでに70歳。日本を参考にそろそろ女王も引退しては、という意見も出ている。

◆まだまだ元気 でも後がつかえて大変
 エリザベス女王は1952年に25歳の若さで即位し、以来60年以上にわたって王位に就いている。女王の人気は高く、2016年の調査では女王の仕事ぶりがよいと答えた人は86%に上った(エコノミスト誌)。

                                                                                                                 

 しかし、高齢の女王がいまだ現役であることが困った事態を引き起こしている。王位継承権第1位のチャールズ皇太子はすでに70歳だ。生まれたときから次期国王となることが決まっていたわけで、米ラテン・タイムズによると、英王室史上最も長く待たされている後継者ということだ。

 英サンデー・タイムズ紙の副編集長、サラ・バクスター氏は、4世代が集まる女王の家族を見て率直な気持ちを述べる。チャールズ皇太子のみならず、その息子たちも年を取った。10代のときは母親のダイアナ妃に瓜二つで、憧れの的だったウィリアム王子は36歳で当時の面影はない。王位には遠いハリー王子でさえ結婚し、ひげ面で薄毛も目立ちつつある。家族にはウィリアム王子の3人の子供たちに加え、ハリー王子とメーガン妃の赤ちゃんも加わるはずだ。バクスター氏は、みなが待機状態で女王の後ろに行列ができていると述べる。女王自身がボトルネックを作り出していると厳しい意見だ。

Text by 山川 真智子