配車サービス利用者が殺害される 偽ドライバー、安全性対策が問題に

AP Photo / Richard Vogel

 ミシガン州立大学の2年生、20歳のレイチェル・オーデンさんは、ウーバーを利用するときに必ず守る手順がある。真っ先に車の後部へ歩み寄り、ナンバープレートの番号を確認してからドアを開け、運転手が自分の氏名を告げてから車に乗り込むのだ。

 さらには、何らかの違和感がある場合のために、常に代替案を準備しておくという。

 オーデンさんは、「どうすれば降車できるだろう? ドアを解錠できるだろうか? 短縮ダイヤルで誰に電話できるだろうか? もし必要となれば、車外へ飛び出せるだろうか? それらすべての自問が脳裏をよぎる」と語る。フロリダ州ネイプルズに住むオーデンさんは、夜間に外出するときは通常、週に1回程度配車サービスを利用する。3月29日、サウスカロライナ大学のサマンサ・ジョセフソンさんが車で連れ去られ、殺害される事件が発生した。ジョセフソンさんは、配車を依頼したウーバーの車と間違えて容疑者の車に乗り込んでしまったとみられる。オーデンさんは、この事件を知ってからさらに注意深くなったと語る。

                                                                                                                 

 この事件はまた、法執行機関と配車サービス会社が利用者に向けて、合法の車両や運転手であることを必ず確認してから乗車するよう注意喚起を強化するきっかけとなった。公式に集計されてはいないが、配車サービスの運転者になりすまして強盗や暴行の罪で起訴され、世間の耳目を集めている事例がいくつかある。その多くはバーで発生したものだ。サウスカロライナ州警察は、ジョセフソンさん殺害事件がそういった事例に該当するかどうかを明らかにしていない。

 シカゴ市警察のアンソニー・ググリエルミ広報官は、「隙あらば金目のものを強奪してやろうと獲物を探してうろつく連中があなたの周りにもたくさんいる」と語る。同氏はさらに、運転手を装って悪事を働こうとする者はバーの周辺に集まるという。バーに集う人々は酔っていて、身の安全に対する注意が疎かになっているからだ。

 2017年、ウーバーの運転手になりすまし、バーの前で車に乗せた4人の女性を強姦した罪で、シカゴ地区の男が起訴された。当局によると、容疑者は5人目の女性をタクシーに乗せて犯行に及ぼうとしたという。ムサーブ・アファンディ容疑者は性的暴行を否認しており、現在もこの訴訟は係争中であるとCBS2シカゴは報じている。

 サウスカロライナ州の事件では、21歳のジョセフソンさんは、コロンビアにあるバーへ外出し友人たちと過ごした後、一人で午前1時30分頃ウーバーの配車を依頼した。当局は、ジョセフソンさんが配車したウーバーの車と間違えて24歳のナサニエル・デヴィッド・ローランド容疑者の車に乗り込んでしまったと見ている。ローランド容疑者は、ドアのチャイルドロックを使ってジョセフソンさんを車外へ逃げられない状態にして殺害し、コロンビアから65マイル(105キロメートル)離れた場所へ遺体を遺棄したと証言している。4月6日、ジョセフソンさんの生まれ育ったニュージャージー州で葬儀が営まれた。ローランド容疑者は、誘拐と殺人の罪で起訴された。

 さらに、4月3日には34歳の男が逮捕された。12月16日の夜、シアトルのバーで自分の車に乗り込んだ女性に対し、しばらく車を走らせた後、車内で性的暴行を加えようとした疑いが持たれている。キング郡保安官事務所によると、男は、女性が配車を依頼した車の運転手が自分であると女性に信じ込ませてから発車し、しばらくして車を停め、性的暴行を加えたという。判事は、第三級の性的暴行の容疑で男を拘束して取り調べを実施し、犯行のきっかけとみられる動機を突き止めた。

 コネチカット州スタンフォード出身の男が3月、2人の女性を誘拐し、性的暴行を加えた罪で逮捕された。この男は12月に女性たちをバーで車に乗せたとグリニッジタイムが報じている。

 配車サービスの運転手や乗客に詳しいシカゴの弁護士、ブライアント・グリーニング氏は、「鍵の掛かった密室である車に乗り、見知らぬ人と一緒に移動するほど危険なことは他にない。自分の置かれている環境を把握し、状況が良くない方向へ転じたらどう対処するかを常に考えておく必要がある。自分の直感を大切にすべきだ」と語る。

 グリーニング氏は、配車サービスの運転手を装った犯罪者の魔の手が及ぶのは女性だけではないと警告する。間違って乗車した場合、男性も強盗の被害を受けた例がある。

 「獲物を狙う者にとって、男だろうが女だろうが関係ない」とグリーニング氏は語り、ウーバーとリフトに対し、顧客への安全教育と技術的な解決策を見いだす取り組みを進めるよう強く求めている。同時に、ジョセフソンさん殺害事件を受け、サウスカロライナ州議会では、ウーバーとリフトの運転手に対し、点灯する標識を車両へ装着するよう義務づける法案が提出された。

 ウーバーは書面で声明を発表し、今後、数週間以内にソーシャルメディアで広くキャンペーンを開始し、大学新聞の紙面に広告を掲載し、配車サービスの待ち時間にプッシュ通知を送出して乗客に安全の心構えを念押しする予定であるとした。同社はまた、2017年以来、法執行機関や大学と協力し、配車を依頼した時に送られた運転手の写真と車両を必ず乗車前に確認するなどの「偽の配車サービスの運転手を避ける方法を一般に広く教育する」よう取り組みを続けていると述べている。

 リフトも同じく、配車依頼を受けた運転手の写真や車の情報を提供している。リフトの車両の中には、乗客が自分の依頼した車両を識別しやすくなるよう、乗客のアプリに合わせて点灯する色を変えることのできる標識をダッシュボードに装備している車もあるという。「当社は、すべてのユーザーのエクスペリエンスを向上させるために、そして何よりも、コミュニティの安全を確保するために、斬新で革新的な方法を常に模索している」とリフトは述べている。

 ミシガン州立大学のオーデンさんは、今までも注意深く配車サービスを利用していたが、最近発生した数々の暴行事件を知り、これまで以上に安全に気を配るようになったという。「でも、そのくらい用心してちょうど良いと感じている。そして今、私は万が一の場合に備え、さらに予防策を強化したいと考えている」とオーデンさんは語る。

By TAMMY WEBBER Associated Press
Translated by ka28310 via Conyac

Text by AP

Recommends