アメリカで幸せになれる年収はいくら? 最も高い州は2000万円超の……

DisobeyArt / Shutterstock.com

「幸せはお金では買えない」という言葉をよく耳にする。それは真実であると言えるが、現代では暮らすために十分なお金がなくては充足感や幸福感を感じるのが難しいこともまた事実だ。では、アメリカでは年間いくらの収入があれば「幸せになれる」のだろうか?

◆幸福になるための収入額、最高はハワイ州
 調査を行った金融サイト『GoBankingRates』は、収入は感情的な幸福や満足感と関係し得ると結論づけている。同サイトの記事では、北アメリカでは幸せを感じるために平均的に年間約10万5,000ドル(約1,150万円)が必要という研究結果が出たと述べている。その金額を基礎に、失業率や犯罪率も考慮に入れて算出した結果、幸福になるための州別年収額が最も高い州トップ5は次のような結果となった。

                                                                                                                 

1位 ハワイ州 19万5,615ドル(約2,140万円)
2位 カリフォルニア州 14万8,050ドル(約1,620万円)
3位 ニューヨーク州 14万595ドル(約1,540万円)
4位 アラスカ州 13万7,445ドル(約1,500万円)
5位 メリーランド州 13万6,920ドル(約1,500万円)
 
 1位は圧倒的に、過去10年間で不動産価格が高騰したハワイ州。幸せになるためには2,000万円以上が必要という結果となった。2位カリフォルニア州とニューヨーク州は面積が広く、サンフランシスコやニューヨークなどの大都市圏とそれ以外の地域により大きな差があると思われる。

Text by 相馬佳

Recommends