危険、「裏切り者」でも肌を白くしたい……有色人種女性に広がるブーム

Rudo film / Shutterstock.com

 アフリカのルワンダ政府は、肌の色を薄くするために使われる漂白剤入り化粧品の摘発に乗り出した。多くの製品には健康被害があるとされる成分が含まれているためだ。実はアフリカだけではなく、明るい肌の色を求める女性は世界中で増えている。持って生まれた肌の色を嫌う女性たちの心理には、歴史的・社会的な背景があると見られている。

◆漂白剤で肌色を明るく 製品に有害な成分も
 CNNによれば、ルワンダ政府の報道官は、漂白効果のある成分はすべて禁止すると発表した。ルワンダに先駆け、コートジボアールが2015年、ガーナが2017年に、肌色を薄くする効果のあるクリームを禁止している。

                                                                                                                 

 化粧品の成分のなかでとくに問題視されているのは水銀やハイドロキノンだ。世界保健機構(WHO)によれば、これらは肝臓にダメージを与え、バクテリアや真菌感染への抵抗力を低下させるほか、不安やうつ、精神病を増加させるとされている。アメリカ食品医薬品局(FDA)は、ハイドロキノンに発がん性がある可能性を指摘している。

Text by 山川 真智子