時代が“タフでかっこいい”おばあちゃんを求めてる? 脚光浴びる「バッドアス・グランマ」

Agent Penguin / Shutterstock.com

 この数年、SNSを中心に大手メディアでも使われるようになった「badass(バッドアス)」というスラングがある。もとはネガティブな意味だったが、おもに女性に対して「堂々としている/自信にあふれている/タフで腕がたつ」といった褒め言葉で使われるようになった。さらにこの2、3年は「badass grandma(小面憎いほど強いおばあちゃん)」が登場し、映画やドラマの人気キャラクターにもなっている。

◆ステレオタイプを破壊するおばあちゃんたち
「bad(悪い)」と「ass(お尻)」を組み合わせた「badass」は、「攻撃的な/嫌な」といった意味から転じて、人や物を「かっこいい」と褒めたいときに使うスラングである。2015年、オバマ大統領(当時)がFIFAワールドカップで優勝した女子サッカー代表チームに対し、「badass(強く、勇敢だ)」と称えてからは、女性を鼓舞する文脈でよく使われるようになった。

                                                                                                                 

 badassな女性を取り上げるメディアが増えるなか、この2、3年、目立っているのが「badass grandma(強いおばあちゃん)」だ。ニューヨーク・ポスト紙は、高齢になってタトゥーを入れたbadass grandmaたちを取材し、「79歳でタトゥーを入れた女性なんている?」「人の意見は気にしない。やりたいことをやる」といった誇らしげな言葉を伝えている。タトゥーのデザインはハードなものもあれば、思い出の花、亡き夫のニックネームなどさまざま。偏見を持たれがちな「タトゥーを入れた女性」の人生観や強さの背景に寄り添った記事である。

◆実録「badass grandma」がメディアやSNSで話題に
 アメリカのローカル局で報じられ、日本のSNSまで人気が飛び火したbadass grandmaもいる。おばあちゃんといってもまだ46歳で、孫娘を守るための勇敢な行いから脚光を浴びた。

 ニュースサイト『VICE』によれば、ディード・フィリップスは自宅の庭で猛獣のボブキャットに遭遇し、家で眠る孫娘を起こさないように注意しながら、必死で格闘して仕留めたという。この武勇伝がTVで放送されると、1万ドルの治療費のためにクラウドファンディングが立ち上がり、3万ドル近くが調達されたそうだ。

 記事では後日談として、彼女が自家用車に貼ったステッカーに着目し、市井のひとりの女性の生を丁重に伝えた。ステッカーには、エレノア・ルーズベルトの名言「お行儀のいい女性が歴史を変えることは滅多にない」が書かれており、ディードはこれを体現した「何者も恐れぬ世界一のbadass grandma」(VICE、6月19日)だとしている。

◆あの人がbadass grandmaになって話題作に復帰
 badass grandmaは娯楽界でも目立つようになった。ウェブマガジン『BUSTLE』は、過去作品を堀り起こしてbadass grandmaの潜在的な人気に注目。世界的にヒット中のドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のオレナ・タイレルをはじめとするキャラクターを、「badassery level」を付けて紹介している。

 そして今、もっとも期待を集めているのが『ターミネーター』シリーズ最新作(2019年秋全米公開予定)のサラ・コナーだ。27年ぶりにサラ役に復帰したリンダ・ハミルトンが61歳。スチール写真が公開されると、多くのメディアがその雄姿を「badass」だと興奮気味に報じた。ニュージーランドのニュースサイト『stuff』はtwitter上の評判も取り上げ、シリーズものにはbadass womanが多いという専門家の声を拾っている。確かに、日本で公開中の『オーシャンズ8』も『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』もbadassなキャラクターが大暴れする作品だ。

 このように、badassな女性とは、自尊心が強く、人生を堂々と歩む人を指す。badass grandmaが話題になっているのは、世間のものさしから解放された自由な姿に憧れる人が多いからだろう。元気で豪気なおばあちゃんは、超高齢化社会に進む日本でも注目を集めていくはずだ。

Text by 伊藤春奈

Recommends