「場違いな人間がいる」大学職員が黒人学生を通報 米名門大でも人種偏見事件

stocknadia / Shutterstock.com

 アメリカで街だけではなく自宅でも黒人が白人により警察に通報される事件が相次いでいるが、今度は大学のキャンパスで同様の事件が発生した。

◆「ここにそぐわない人間がいる」と黒人学生を通報
 ABCニュース(電子版)の8月4日の報道によると、事件は先月31日、米東部マサチューセッツ州にある名門女子大学スミス・カレッジ(Smith College)で起こった。同大学の職員が警察に電話し、学生寮の公共スペースでランチを食べていた黒人の大学院学生を「ここ(大学)にそぐわないように見える人間が、公共の居間で寝転んでいる」と通報したのである。

                                                                                                                 

 通報を受けて駆けつけた警察が学生に身元を確認して事なきを得たが、当の学生がソーシャルメディアに警察に身元を聞かれている際の動画を投稿して抗議したことで、「人種差別事件」として大きな注目を浴びる結果となった。

◆大学側は謝罪、通報した職員を休職処分に
 大学側は事件の翌日、大学ウェブサイトで事件の経緯を報告。キャンパス内で黒人学生に人種的偏見が向けられたことを率直に認め、「スミス・カレッジは人種または性別における差別行為を一切許容しない」と厳しい姿勢を示した。また2日になり、大学の学長がウェブサイト上に声明を発表し、「有色人種の学生が『この場所にそぐわない』印象であるとしてスミス・カレッジ職員が警察を呼んだ事件が発生した。被害を受けた学生に深く謝罪したい」と述べた。

 大学側は学内でも事件について調査を行うほか、学外の法律事務所を使って公民権法違反の調査を行うと発表。また、通報した職員を休職処分としたという。

◆アイビーリーグでも発生した人種差別事件
 大学のキャンパスで起こった人種偏見事件は過去に他の名門大学でも発生している。ABCニュースの今年5月10日付報道によると、お隣コネチカット州のイェール大学でも今年5月、学生寮の公共スペースで宿題をしている間に居眠りをしてしまった黒人女子学生を、白人の女子学生が警察に通報するという事件が発生した。

 米南部など人種差別が残るといわれる地域ではなく、一般的にリベラル派が多い東部、しかもイェールはアイビーリーグ、スミス・カレッジは「セブン・シスターズ」と呼ばれる女子版アイビーリーグという超名門2校でこのような事件が発生したこともまた皮肉である。

 ここでの問題は、白人が何を持って「この人はここに属していない」と判断しているかである。同じ学生、しかもただ単に食事をしていたり、居眠りをしたりして普通に暮らしている黒人学生が「この場所にそぐわない」と感じるのは、その人の心に巣食った人種偏見以外の何物でもない。

 アメリカでは最近、このように一部の白人が何の理由もなく黒人を警察に通報する事件が頻発している。そのたびに私たちは人種差別がまた堂々とまかり通る世の中になってきている現実を突きつけられるのである。

Text by 相馬佳

Recommends