借金して4年制大学に行く価値は? 問い直す米学生 新たな選択肢も人気に

Jon Bilous / Shutterstock.com

 アメリカでは、大学進学は良い仕事や高い給料を約束する明るい未来へのステップと見られてきた。しかし近年は、あまりにも高い学費に大学教育自体が見合わないのではないかという意見も聞かれる。いまや大卒でなくとも高い給料が得られる仕事は豊富にあり、大学に行かない、または即戦力育成に長ける新しい教育機関を選ぶ若者が出てきている。

◆もはや大学不要?熟練工は大卒より稼げる
 米公共ラジオ網NPRは、高校卒業後、大学進学をやめ鉄骨組立工となった20歳の若者を紹介している。彼の時給は28.36ドル(約3120円)で、年収に換算すれば5万ドル(約550万円)だ。年金を含む福利厚生もついている上、給料は安定して増えているという。アメリカでは建設関係の企業の70%が質の良い人材を確保するのに苦労している。特に人材不足のワシントン州などでは、大工、配管工、板金工などの平均年収は、州平均の5万4000ドル(約594万円)を超えている。

                                                                                                                 

 ウェストバージニア州のパーカーズバーグ・ニュース・アンド・センティネル紙にコラムを執筆したビジネスマンで環境工学の専門家、グレッグ・コゼラ氏は、借金してまで年間2万5000ドル(約275万円)から5万ドル(約550万円)の学費を払って大学を卒業しても、低収入の職にしか就けない若者がたくさんいると指摘する。

 コミュニティ・カレッジ(専門教育や職業訓練を重視する2年制の短大)の非常勤教授でもある同氏は、自分の教え子たちの授業料は、トータルで1万5000ドル(約165万円)程度だと話す。皆が就職1年目で5万ドル(約550万円)以上の収入を得ていると述べ、4年制大学だけが最良の選択肢ではないと主張する。NPRは、大卒でなくとも、平均年収5万5千ドル(約600万円)を得ることのできる仕事が、全米に3000万件はあるとしている。

Text by 山川 真智子

Recommends