温暖化が自然界の「食事タイム」を乱している 新研究で判明

獲物のアオガラが早く飛来するようになったことで、その間食事にありつけなくなったハイタカ(AP Photo / Darko Vojinovic)

 地球温暖化が、複雑に設定された自然界の食事時間を攪乱し、しばしば野生動物を空腹に陥れ、獲物となる動物が全く異なる時期に出現する結果をもたらしている―― 新たな研究が、このような内容を示した。

 自然界において、タイミングは何より重要だ。花々は、受粉がうまくいくようにミツバチが周りにいるタイミングで開花する必要がある。猛禽類は、獲物の鳥と時期を合わせて渡りをする必要がある。ところが多くのケースで、地球温暖化がそのタイミングを狂わせている。科学者たちはそのように訴えた。

 この新研究では、88の種とその依存種を対象に、生物学上の行動タイミングについて、この分野のリサーチとしては初となるグローバルな大規模分析を行った。その結果、平均的な種は、過去10年間で約6日の割合で、このタイミングが一致しない方にずれてしまっていた。ただしいくつかの種のペアでは、このタイミングは過去よりも一致する方向に変化していた。

                                                                                                                 

 従来研究では、ある特定の種のペアのみに焦点を当て、温暖化によって渡りや繁殖などのタイミングがどう変化したかを分析していた。しかし、4月16日に米国科学アカデミー紀要に掲載された新研究は、この「タイミング悪化問題」の焦点を、初めて地球規模にまで広げた。

 そして同研究は、このような生物の行動タイミングの変化は、1980年以前よりもはるかに大きくなっていると指摘した。

「このトレンドが、今後は弱まる、あるいは近い未来に解消されるという、はっきりとした証拠はありません」これは、研究を指揮したカナダのオタワ大学の生態学者ヘザー・カールーバ氏の言葉だ。

 例えばオランダでは、タカにとっての狩りの獲物であるアオガラが、ここ16年間で、ハイタカよりも6日早く飛来するようになった。結果として、その間ハイタカが食事にありつけないという事態が生じている。

 もっとも顕著で切実な例は、米国ワシントン州にあるワシントン湖だ。ここでは過去25年間で、植物性プランクトンがその捕食者である動物性プランクトンよりも34日も早く増殖を開始するようになった。これは食物連鎖の根底部分が攪乱を受けている証拠で、きわめて深刻な事態だとカールーバ氏は警告した。

 またグリーンランドでは、カリブーの食草が、カリブーの移動・到着よりも3日近くも早く発芽を始めていることがわかった。この結果、十分な食物が得られず死亡するカリブーの幼獣が増えているという。

 より温暖な気候条件下では、ほとんどの種は、特定の行動習慣を気候変化に合わせて早める。ところが、相互依存する2つの種の両者ともが同じ割合で行動を早めるとは限らない。カールーバ氏は、この両者間での、タイミング変化の速度の違いが重要なカギだと指摘した。

 広域にわたって幅広い種を対象にした過去の研究が他にはないことから、今回カールーバ氏の研究チームは、種間の行動タイミングの一致性と気温との間に、統計的な有意性を見出すことはできなかった。しかし得られた観察結果から、カールーバ氏は、「その二つには相関性がある」との見解を示した。

 この研究に加わっていない他の科学者らも、この研究を高く評価した。

「種間の相互関係の変化をテーマにした過去の研究は、あくまで1つの場所、あるいは特定の種のグループに焦点を当てたものばかりでした。しかし今回の新研究は、世界中の多くの種の相互関係が、いま急激に変化していることを示しています」ボストン大学の生物学教授リチャード・プリマック氏は、メール上でそのようにコメントした。

By SETH BORENSTEIN, AP Science Writer
Translated by Conyac

Text by AP

Recommends