ロンドンの殺人件数、初めてニューヨーク超える 銃はなくても増える凶行

Brian A Jackson / Shutterstock.com

 これまで世界の大都市の中では、ニューヨークは治安が心配だが、ロンドンは比較的安全というイメージがあった。しかし今年2月と3月のロンドンの殺人件数が、現代史上初めてニューヨークを上回ったことが判明し、関係者を驚かせている。劇的に殺人が減っているニューヨークとは対照的に、ロンドンの殺人事件は増加しており、未然に防ぐための対策が求められている。

◆ついにニューヨーク超えも。ロンドンの殺人事件増加
 米ABCが確認した情報によれば、4月2日の時点でニューヨークの殺人件数は50件、ロンドンは46件だった。しかし、2月だけを見ればロンドンが15件でニューヨークが14件、3月ではロンドンが22件、ニューヨークが21件となり、初めてロンドンがニューヨークを上回った。

                                                                                                                 

 両都市の人口は、どちらもおよそ850万人で規模としては同程度だが、1990年代のピークから、ニューヨークの殺人は87%程度減少している。ところがロンドンの方は、2014年から2017年の間に毎年増え、約38%の増加となっている。BBCは、人口10万人あたりの殺人件数は、2月と3月ではロンドンのほうが多かったとしている。

◆銃はなくても殺人は増加。治安への不安も
 今年ロンドンで起きた46件の殺人のうちのほとんどは、刃物による刺殺だ。ABCによれば、銃による殺人は4件ほどしかなかったという。インデペンデント紙は、ロンドンでは3日に1件の刺殺事件が起きていると述べ、若いギャンググループ間の抗争が再燃していることを理由の一つと見ている。2月の場合は、殺害された15人中9人が30歳以下だった。ロンドン警視庁の警視総監、クレッシダ・ディック氏は、刺殺事件の増加には、若者を暴力に駆り立てるソーシャルメディアの影響もあるとしている(ABC)。

 サディク・カーン市長はイメージ回復に必死のようで、ロンドンは今でも「世界で最も安全な街の一つ」と主張している。ロンドン警視庁は、殺人の増加を懸念し、原因究明と悲劇の再発防止に努めたいとしている(BBC)。

◆暴力の芽はもとから絶つ。教育は若者へのワクチン
 一方、元ロンドン警視庁警視のレロイ・ローガン氏は、単に逮捕したり、殺人を止めたりして切り抜けるだけでは、問題の解決にはならないと述べる。同氏は、イギリス社会には暴力のウイルスが広がっていると述べ、これに対応するには、コミュニティとの連携が必要だと主張する(BBC)。

 刃物による犯罪に関する超党派の議員グループの議長である、国会議員のサラ・ジョーンズ氏も同様の考えで、適切な戦略が必要だと述べる。同氏は、刃物や暴力による犯罪を伝染病に例え、感染源を絶ち、未来ある若者たちにワクチン接種をする必要があるとする。具体的には、青少年支援をするユースワーカーによる介入プログラムを作り、学校へ出向き、社会規範を変え、子供達を教育することを提案しており、若者に人としてのあり方を教え、ナイフを持つ必要がないことを学ばせるとしている。実際に、同様のアプローチを取ったニューヨークでは、深刻な暴力が減ったということだ(BBC)。

Text by 山川 真智子

Recommends