トルコ、高校教科書から進化論を削除へ 教育に侵入する宗教

thomas koch / Shutterstock.com

【イスタンブール・AP通信】 トルコでは9月18日から新学期が始まった。学生が生物科目で進化論を学ぶのは今年が最後となる。来年の秋からは、「進化論」や「チャールズ・ダーウィン」などの言葉が彼らの教科書から削除されているのだ。

 トルコ政府は、指導要領に含まれる170以上のトピックスの全面的見直しを発表した。この見直しは、高校の生物科目から進化論に関する全ての直接的言及を削除することを含む。

 この変更は、保守主義でありイスラム教を重んじる政府の思い通りに教育を形作ろうとしているものだと批判する人々により騒動となった。野党側や組合はこの変更に対する抗議活動を組織し、トルコ政府が科学的で非宗教的な教育を学生に提供することを要求した。国会議員達も議会において新しいカリキュラムに反対した。

 文部大臣のイスメット・ユルマズ氏は、新しい「価値観に基づいた」プログラムは「学生たちの発達状況と協調させるため」科目を簡略化したと言う。進化生物学は高校生には高度すぎると教育省が判断したが、大学では講義され続けると彼は説明した。

 進化論は12年生(高校3年生相当)の生物の授業で「生命の始まりと進化」という章の中で教えられてきた。この単位部分は2018年の9月から「生物と環境」に置き換えられ、適応、突然変異、自然淘汰や人為淘汰などの進化のメカニズムは、「進化論」や「ダーウィン」という言葉に触れることなく説明される。

 学生たちは、11年生の哲学の授業で存在論について学び、その中に「進化論とその他の存在論に関する議論」も含まれるとユルマズ氏は言う。

 その他の議論を引き起こした変更点は、宗教学の授業の中でジハードや聖戦を「祖国への愛」と教える事、トルコ共和国の建国者でありトルコの教育宗教分離主義者から崇敬されているムスタファ・ケマル・アタテュルク初代大統領をこれまでほど重要視していないことである。アタテュルク氏は国家と宗教の分離を規定したが、レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領率いる与党は、厳密な分離に対抗し、より宗教的なアプローチをとりいれた。

 また学生たちは、クルディスタン労働者党(PKK)、イスラム国(IS)、米国に本部を置く聖職者フェトフッラー・ギュレン師の支持勢力などの、トルコが戦闘を展開している対象グループについても学ぶことになる。

 トルコの教育制度は2016年7月15日のクーデター未遂事件の痛手によりすでに動揺しているが、この新しい学校教育プログラムは当時の政府の勝利を「伝説的な武勇伝」と強調している。

 クーデターの後、政府の取締まりにより、トルコ国内の教師人口の約4%に相当する3.3万人以上の教師が処分され、5,600人ほどの学者達も解雇された。また、約880の学校がテログループとの関係があるという疑惑により閉校された。

 職を失った多くの人々は、政府はクーデター未遂を利用して政府を批判する人達を鎮圧していると言う。

 トルコ政府はギュレン師をクーデター画策者と非難するが、彼自身は否定している。

 創造説、つまり生物が神により創られて変化もなされたという説、はトルコでは広く受け入れられている。トルコの学生はすでに、科学や数学、読解力において、世界的に比較して「平均以下」と経済協力開発機構により順位付けされていることもあり、多くの教育者は懸念している。

 トルコの生態進化生物学会の代表であるメフメト・ソメル氏は、トルコの学生は学習の中で進化論について直接触れることがなければ、科学の基本も理解することが出来なくなるだろうと言う。

「学生たちが高校でこのように無学に等しい学習しかしないようになれば、私達は優秀な医者や科学者を輩出することができなくなるだろう」とソメル氏は言う。

 進化論について勉強することで、将来の医者達は、例えば病原菌の抵抗性系統と過度の抗生物質の使用との因果関係について理解することを可能とすると彼は言う。

「進化の木」と呼ばれるネットラーニング事業を立ち上げた生物学者、チャール・メルト・バクルジュ氏は、文部省の進化論がトルコの学生には難しすぎるという主張について学生や教師に対する「侮辱」であると言う。彼のボランティア事業は、フェースブック上に掲載する記事や動画を通して、毎週約800万人のリーチがある。

「私は進化について10秒で説明できます」と彼は言う。

 2人の生物学者は、トルコの公立の学校において、そもそも、進化論が的確に指導されたことがないのだと言う。しかし、ソメル氏は、これまでのプログラムでは進化論について最低でも触れることがあり、教師がその科目を導入することができたのだと言う。

 引退した薬学者であるオルキデ・クレリ氏は、彼女の15歳の娘がこれからダーウィンについて自分自身で学ばなければいけないと言う。しかしながら、彼女はトルコの教育システムで起こっている潜行的な変化についてより一層懸念していると言う。

「目標は科学を通した社会の発展ではなく、社会を政治的そしてイデオロギー的に転換することである」「疑問を持たない世代は、何も疑わずに従うのだ」と彼女は言う。

 エルドアン大統領は「敬けんな世代」を要望すること繰り返し表明してきた。先の教育システムへの変更は、公立学校での宗教学の授業を増やし、イスラムの選択科目を増やすことも含まれた。

 新しいカリキュラムは段階的に評価を加えながら導入される。今年は1年生(小学1年生相当)、5年生(小学5年生相当)、9年生(中学3年生相当)の学生は、新規のプログラムを使用する。他の学年は、生物学のプログラムへの変更も含めて、来年の秋から全導入される。

 文部大臣は進化論に関する騒動を「一方に偏している」と言い、新しいカリキュラムは意見などを受け付けていたと主張した。トルコの教育委員会高官のアルパルスラン・ドゥルムス氏は、進化論のメカニズム自体はカリキュラムに残っているのに、進化論が削除されたと言うのは「全く無知である」と主張した。

 ラティフ・セルヴィ氏はこのカリキュラム全面見直しの草案作成に関わった親政府派の教職員労働組合のメンバーであり、彼はこの新カリキュラムへの大きく広まった批判を「イデオロギーに動機づけられている」と考えるという。

「進化論の先生方のおこなった査定に基づいて、私はこの変化を肯定的なものだと捉えている」とセルヴィ氏は言う。

 生物学者のソメル氏は、トップダウンの意思決定により進化論を完全に切り捨てなくても、自主規制が行われていると言う。

「大学や文部省では、自分がいつか追放されるのではないかという恐怖がある。進化論は恐ろしくて口に出来ないテーマの一つになったのだ」と言う。

 ソメル氏は、トルコの大学関係者は今やプロジェクトの提案書の中で、進化論の課題を研究していたとしても進化論という言葉を使うのを避けるようになった。この春、首都アンカラにある自然史博物館は、ポスターの「進化論」という言葉を「発達」という言葉に変更するための新しいシールを貼った。

 バクルジュ氏は、トルコの何百人もの専門家はトルコ政府が科学教育を改善するために喜んで協力するだろうと言う。

「この間違いから一歩立ち戻るのにまだ遅すぎではない」と彼は言う。

By ZEYNEP BILGINSOY
Translated by Conyac

Text by AP

Recommends