理想のパパになれない父親たち

Elizaveta Galitckaia / Shutterstock.com

著:Kevin Shaferブリガムヤング大学 Associate Professor of Sociology; Faculty Affiliate in Social Work)

 どこの家庭の父親も母親も頑張っている。ピュー研究所の最近の調査によると、有給の労働時間を家事や育児の時間と合わせると、アメリカの母親と父親の労働時間はほぼ同じだという。

 また、同調査によると、父親は以前より家庭での時間を増やすようになっているという。しかし、多くの社会科学者が育児における不平等は根強く残っていると主張している。この不平等の原因は、父権制に基づくジェンダー・イデオロギー(両親の子どもたちへの接し方や家庭において男性と女性が担う役割に影響を与える力の原動力)だと、一部の研究者評論家は主張している。

                                                                                                                 

 父親であることと男性の健康に注目する研究者として、自分の研究がより複雑な実態を示していると私は考える。従来のジェンダーに対する姿勢や考え方はこの話題の重要な要素ではあるが、父親と母親の間の不平等は意見や夫婦間のコミュニケーションだけが原因で起こるのではない。

 もっと育児に関わりたいと、父親たちはしきりに研究者に話すが、公共政策や社会制度が望む父親像から彼らを遠ざけている。――そして、母親、父親、子どもたちを傷つけている。

main

Ekaterina Pokrovsky / Shutterstock.com

◆「マジック・モーメント」を逃すな
 出生前診断に父親を参加させることは、父親を積極的な育児の軌道に乗せる助けとなる強力な手段として期待できる。私は最近、人生におけるこの「マジック・モーメント」(魔法の瞬間)に父親を関わらせることの重要性を強調したソーシャルワーク研究者のシンポジウムに参加した。

 出生前診断に積極的に参加する父親は、より強い「父親としての」アイデンティティを自分のために形成する、誰の目から見てもいい親だ。事実、出生前期の影響は、既に子育てに参加する可能性が低い父親たちにより強く見られる傾向がある。

 しかし、父親たちは出生前診断から積極的に締め出される傾向がある。父親が生まれてくるわが子に関われるように医師と看護師が手助けする仕組みが備わっている産婦人科はほとんどない。例えば、超音波室には、父親が初めてわが子の姿を見られるスペースが設けられていないことが多い。一般に、産婦人科医は母親と子どもの健康を強調する。――家族という制度の他のメンバーを除外して。

 出産準備講座も同様に、協力してくださいねと父親たちに言うものの、父親の役割について話すことはほとんどない。

main

bearmoney / Shutterstock.com

Text by The Conversation