なぜ世界で新幹線が愛されるのか?海外初進出の台北、真価発揮の米テキサスなど

EQRoy / Shutterstock.com

 安全性と輸送効率の高さを誇る日本の新幹線技術は、世界のさまざまな土地で導入または検討されている。海外進出への道を切り拓いた台湾高速鉄道の事例や、ユーロスターと並んで愛されているロンドンでのケースなど、いくつかの事例を見てみよう。現地会社が「世界最適の場所」と豪語するテキサスなど、土地との意外な相性も興味深い。

♦︎初の輸出事例、台湾
 2007年に開業した台湾高速鉄道は、日本の新幹線方式を海外に輸出した初の事例である。開発構想が進んでいた90年代には、仏独を中心とした欧州方式が念頭に置かれていた。しかし99年に発生した大地震の影響で安全運行への関心が高まり、コスト面でも有利な新幹線方式に舵を切ることになる。

                                                                                                                 

現地の台湾高速鉄道が欧州連合とコンサルティング契約を結んでいたため、日本の技術者は承認基準の違いに苦労したという。ちなみに中国の高速鉄道も候補となっていたが、安全性と効率性に定評のある日本方式が受注を勝ち取った。

台湾高速鉄道の試運転の様子 / Encino from zhwiki / wikipedia

 こうして完成した路線は、台北郊外の南港駅から台湾南部の高雄市までを最短1時間半で結ぶ。4時間近くかかっていた従来の特急列車と比べて大幅な時間短縮を実現した。車両には700系をカスタマイズした700T型を採用しており、最高速度は時速300キロに達する。

 2005年10月の開業予定は大きく遅れたが、2007年3月に全区間での正式営業に至った。高雄市中心部までの延伸が現在計画されている。

>次のページ ユーロスターと併用する国は?




Text by 青葉やまと