「老眼鏡をかけない」という選択に出会った

Image Point Fr / shutter stock.com

「老眼鏡をかけない」という選択肢に注目が集まっている。しかし、これは老眼になっても裸眼で我慢をするということではない。

 老眼になって裸眼で我慢をし続けると、動画の女性のように眼精疲労や肩こり、頭痛といった体の不調につながりかねない。また、「老眼鏡をかけると老眼が進行する」という話を聞いたことがあるかもしれないが、これは都市伝説のようなもので実際には起こらない。つまり、老眼になっても裸眼で我慢をすることは避けるべき、ということだ。

 冒頭の「老眼鏡をかけない」という選択肢は、動画の女性が出会った「遠近両用コンタクトレンズ」だ。

◆遠近両用コンタクトレンズが注目を集めている理由

 30代も後半に差し掛かると4割近くの人が老眼の症状を感じており、40代の後半になると8割以上の人が老眼の症状を感じるという。老眼は誰もが避けては通れない悩みだが、いかにも老眼といった所作を周囲に見られたくない、まだまだ若々しく見られたいという人もいるだろう。

 そんな悩みを抱える人にぴったりな選択肢が、「遠近両用コンタクトレンズ」だ。日本の遠近両用コンタクトレンズは、この15年程度で13倍に成長しており、2016年のメーカー出荷額ベースでの市場規模は約80億円だという。近年はコンタクトレンズメーカー各社が高齢化社会を見据えて遠近両用の開発に注力している。その結果、以前に比べ性能も格段に進歩し、様々な目の状態に合わせた遠近両用コンタクトレンズが販売されている。老眼になってもコンタクトレンズは「卒業しなくてもいい」時代になったということだ。

 老眼の症状を感じ始めた人は、裸眼で我慢することはやめて、遠近両用コンタクトレンズで「老眼鏡をかけない」という選択を考えてみてはいかがだろうか。冒頭の動画を制作したエースコンタクトなら、あなたとって最適な遠近両用コンタクトレンズを提案してくれるはずだ。

 しかも、今なら既にエースコンタクトを利用したことがある人でも、対象の遠近両用コンタクトレンズの購入が初めてであれば30%OFFで購入できるキャンペーンを実施している。詳しくはこちら

提供:株式会社ダブリュ・アイ・システム

Text by NewSphere 編集部

Recommends