実在の黒人侍「弥助」奴隷から信長の家来に 数奇な人生、海外で映画化も

Wikimedia Commons

 戦国の世、天下統一に挑んだ織田信長。彼が信頼を置いた数少ない側近のなかに、アフリカ出身の黒人武士・弥助の姿があった。はじめは物珍しさから興味を持った信長だが、実際に面会すると、その知的な人柄と武術に向いた体格に惹かれる。城内に居所を与え武士に登用したほか、非業の最期を遂げた本能寺では、ある重要な最後の任務を弥助に託した。

次のページ ひと目見ようと、京は大騒ぎ




Text by 青葉やまと

Recommends