ワインは本当に心臓に良いのか? 研究者からのアドバイス

Want You Back / Shutterstock.com

著:Adrian Baranchukクイーンズ大学 Professor of Medicine)、Bryce Alexanderクイーンズ大学 Medical Student)、Sohaib Haseebクイーンズ大学 Student)

 週末が近づくと、人々はワインのボトルを開ける。バーやレストランで。あるいは自宅で。くつろぎの時の始まりを告げる、世界のどこでも見られる風景だ。

 人とワインの歴史は長い。これまでに知られた最古のワイン工房は、紀元前4100年にまでさかのぼる。ここは2010年に、アルメニアの洞窟で考古学者によって発見された。古代エジプト人は儀式にワインを用いた。フェニキア人はワイン貿易を行った。またワインは、ギリシア神話のディオニソスとローマの酒神バッカスによって讃えられた。2014年までには、人類は世界全体で毎年240億リットル以上のワインを消費してきた。また最近では、2017年の西ヨーロッパ地域の異常気象によって生産が大きく減退したことから、もともと需要の多いワインの価格は今後上昇すると懸念されている。

                                                                                                                 

 なぜワインはそこまで人気があるのだろう? 味と、人々をリラックスさせる効果は言うまでもない。しかしそれ以外にも、ワインが「健康的なアルコール飲料」という定評を得ているという事実がある。過去に行われた研究の中では、フランスにおける赤ワイン飲酒と心臓病発症率低下の関連が明らかにされている。

 しかし一方で、ワインの飲酒が肝硬変心臓発作での急死アルコール性心筋症不整脈などの深刻な健康リスクを高めることも知られている。過度のアルコール、度を過ぎた慢性的飲酒は、疾病増加につながる世界的な危険因子だ。

 では、一般の飲酒家は何を信じれば良いのだろうか? どのくらいの量のワインなら安全なのだろう?私たちは医学研究者として、最近、ワインのあらゆる側面に関する詳細な分析結果を発表した。その中では、ワインを飲むことのリスクと利益の分析、他のアルコール飲料との比較や、広く知られたワインの健康上の利点に関する議論が行われた。

Text by The Conversation

Recommends