世界一売れている「平凡なクルマ」 トヨタ カローラが愛され続ける理由とは?

◆後悔させない信頼性
 安価なクルマと聞くと信頼性に疑問符がつきそうだが、カローラについてはその心配は無用だ。世界のカローラ人気は、日本車としての確かな信頼性に支えられている。前掲のカー・バズ誌は燃費の良さだけでなく、信頼性の高さをセールスポイントに挙げている。同記事には2014年型のカローラに乗っている実際のオーナーからのコメントとして、7万5000キロ走ってなお一度も問題が起きていないとの声が寄せられている。毎日の通勤に愛用しており、走る喜びを感じられるという。

 カー・バズ誌は、カローラの名称は信頼性を想起させると断言している。このことが世界中の購入者の選択を後押ししているようだ。長い年月をかけて信頼を積み重ねたカローラは、大衆車でありながら、もはや一つのブランド認知を確立したと見ることもできるだろう。

次のページ 意図された「平凡」?




Text by 青葉やまと

Recommends