フェイスブック、「恋人探し」サービス開始 友達を「片思い」登録も

Facebook via AP

 フェイスブックが恋愛ビジネスという新たな分野に進出しようとしている。

 ブラジル、カナダをはじめとする17ヶ国ですでにリリースされているフェイスブック社のマッチングサービス、「Facebook Dating(フェイスブック・デーティング)」が、9月よりアメリカでも始まった。同SNS企業はここ数年で、個人情報の取り扱い方を度々問題視されているが、恋人探しを任せられるほどの信頼性があるのだろうか。

 独自のデジタル通貨の開発やeコマース事業への進出も進めている企業としては、恋愛ビジネスという新たな試みを通して、ユーザーにあらゆる側面から訴求したいところだ。

                                                                                                                 

 機能はほかのマッチングサービスと似たものが多いが、ティンダーが導入しているスワイプ機能や、バンブルの掲げる「女性ファースト」のコンセプトのように、フェイスブック・デーティングにも他社とは違う個性が備わっている。メインのプロフィールとは別のプロフィールを用意するが、その際に友達のなかからタップで「シークレット・クラッシュ(密かな片思い)」を選択できる機能が用意されているのだ。

 フェイスブック・デーティングはモバイル端末専用のサービスで、無料でも広告なしで利用できるが、フェイスブック社のほかのサービスの利用時間の増加につながれば、収益を生むことができるだろう。

 しかし、それはユーザーがプライバシーについて抱いている懸念を払拭できた場合の話だ。

 フェイスブック社プライバシー部門のロブ・シャーマン副責任者は、「フェイスブックの機能が、信頼のおけるものでなければ上手くいかないでしょう。そこで私たちは、プライバシーへの配慮を徹底しています」と述べている。

 このことについて、インディアナ州テレホート出身の32歳のエンジニアで、現在の恋人ができる以前には、マッチからバンブル、ティンダー、クリスチャン・ミングルにいたるまで数々のマッチングアプリを試してきたセス・カーター氏に話を聞いた。

 カーター氏は「フェイスブックは儲けを出すでしょうし、それについては納得しています」と言う。マッチングサービスを何としても収益に繋げたいというプレッシャーの下では、先のシャーマン副責任者の発言も嘘になりかねないという懸念を示している。「つまりフェイスブック社には私たちのマッチング用の情報を売却する恐れがあり、そうなれば、また私たちの生活が侵害されてしまいます」

 フェイスブック社は、そのようなことは起こらないと否定している。しかし同社の個人情報保護対策に複数の落ち度があったことを踏まえれば、カーター氏を始めとするユーザーが不安を抱いてしまっても仕方がない。今年の夏、フェイスブックは個人情報の管理に問題があったとして連邦取引委員会から50億ドルという過去最大規模の制裁金を課された。さらに、選挙に関する誤情報の拡散を防げなかったことや、住宅広告に差別があったことについても捜査を受けている。

 フェイスブック・デーティングはインターネットを通した出会いが増えていることを受け、リリースされることとなった。ピュー研究所によると、アメリカの成人全体のうちインターネットのマッチングサービスを利用したことがあると回答した人は、2005年にはほぼいなかったが、2016年には15%に増加した。

 マッチングサービス市場の競争は激しい。イーハーモニーといった往年のカウンセリングサイトに始まり、ヒンジ、ザ・リーグ(「成功への野心と意欲」に溢れた人と人を繋げる会員限定サービス)のほか、農家専用のサービスや、ある宗教に特化したもの、高齢者やLGBTを対象としたアプリもある。

 フェイスブック社のCEO、マーク・ザッカーバーグ氏は昨年、マッチング機能を発表した際に、フェイスブック・デーティングとは「人と繋がる」ためだけではなく、人と「有意義かつ長期的な関係性」を築くためのものだと述べている。この点では、写真と年齢、名前を表示し、互いに魅力を感じる人々を繋げるアプリとして最も有名なティンダーの、スワイプ機能と似ている。

 フェイスブックの場合は、フェイスブック用のプロフィールとは別にマッチング用のプロフィールを作るところから始める。学校や職場などの詳細情報も簡単に登録できるが、このフェイスブック・デーティングのプロフィールに限っては、どの項目も脚色したり非表示にしたりすることが可能だ。また、インスタグラムの写真のなかから最大36枚を掲載することもできる。

 フェイスブックのメインサービスは13歳以上の年齢制限を設けているが、フェイスブック・デーティングは18歳以上としている。また、「独身」と登録していない人も利用できる。

 フェイスブック・デーティングでは、年齢は表示されるが苗字は表示されない。マッチング相手を確認し、ハートのアイコンをタップすれば「好き」だと伝えることができるが、気に入らなければ「×」のマークをタップする。また、マッチの機能と同様に趣味・関心などのキーワードでメンバーを検索することはできない。つまり、閲覧できるのはフェイスブックから薦められたメンバーに限られる。また、ティンダーと同様、次のマッチング相手を確認する前に、表示中の相手への好意の有無を決めなければならない。

 フェイスブック・デーティングでは、友達がマッチング相手に選ばれることはない。マッチング用のプロフィールは、メインのニュースフィードに表示されることもなければ、友達から見られることもない。フェイスブック社は、マッチング用のプロフィールから得た情報を同社の広告に使用することはないと主張しており、フェイスブック・デーティングには広告を表示しないとしている。

 フェイスブック社は迷惑行為への対策として、恋人募集中のメンバーが写真やウェブサイトのリンクを送ることを禁止し、いたずら写真の削減に努めている。また、安全対策として、デート中の居場所を友達に知らせることができる。

 オフラインで趣味を一緒に楽しめるようにするため、フェイスブック・デーティングでは、フェイスブックに登録済みのグループやイベントをもとにマッチング相手を選出する。相手も同じコンサートに行く予定があるなら、そこで待ち合わせる計画を立てることも可能だ(この機能は、手動でアクティブにしなければ使えない)。

 では、フェイスブックまたはインスタグラムですでにフォロワーとなっている人のなかに、密かに片思いしている人がいる場合はどうだろう。そのようなときは、最大9人を「シークレット・クラッシュ」に指定できる。指定した相手もフェイスブック・デーティングを使っていて、自分をクラッシュに指定していれば通知が届く。フェイスブック社によると、誰をクラッシュにしているかをほかの人に知られることはない。

 しかし、個人情報に関しては、フェイスブック社の過去のあれこれを思い返せば絶対に大丈夫とも言い難い。恥をかく覚悟は決めておいた方がいいかもしれない。

By BARBARA ORTUTAY Associated Press
Translated by Conyac

Text by AP