1位は山梨のコテージ 外国人が評価する日本の宿 何が重視される?

TAW4 / Shutterstock.com

◆増える外国人観光客、宿泊施設の改善ポイントは?
 調査結果を踏まえ、公益財団法人日本交通公社の中野文彦主任研究員は、外国人観光客が評価するのは「オーナーやスタッフとのコミュニケーション、そして長期滞在に向いた環境(朝食のみのサービス、キッチンやランドリーの整備など)といった面」と述べている。

 アメリカやカナダ各地を旅し、様々な国籍の旅行者に出会った筆者の観察によると、20~30代の若い外国人旅行者には少ない荷物で格安の宿に長期滞在する「バックパッカー」が多い。また、その土地の人々との交流を大切にし、普通の旅行ではできない経験を求める傾向も強いと思われる。

 一種特殊な伝統文化が存在する日本ではとくに、日本独自の自然や文化を経験したいと願う旅行者が多いだろう。また、日本で喫煙者の多さや和式トイレ、英語が通じないことにカルチャーショックを受ける外国人が多いであろうことは容易に想像できるため、このようなポイントに対処しておくことも大事だ。

 2020年の東京オリンピックを控え、近年外国人観光客が大幅に増加している。外国人旅行者を勧誘したい宿は、この調査結果を参考に改善点を見つけるとよいかもしれない。

                                                                                                                 
Text by 相馬佳