「中国侮辱」のドルチェ&ガッバーナ、ハッカーの仕業と主張

Chinatopix Via AP

 D&Gのウェイボーアカウントから削除された3本のプロモーションビデオには、箸でピザなどのイタリア料理を食べる中国人女性が登場していた。中国のソーシャルメディアユーザーからは、この一連のビデオは人種差別的で時代錯誤のステレオタイプだと非難する声が多く上がった。

 ミラノ本社で発表した声明の中で、ガッバーナ氏とドメニコ・ドルチェ氏は「私たちだけでなく、このショーの実現に向けて昼夜を問わず働いてきたすべての人々にとって本当に残念な出来事が起きてしまいました」と述べた。

 上海を舞台にしたこの一大イベントでは、ブランドのDNAを表現する第1部で、スーパーモデルのエヴァ・ハーツィゴヴァやイザベリ・フォンタナなど300人のモデルが回転するステージの上で新作コレクションのプレビューを行い、未来に捧げる第2部でミレニアル世代のスターとインフルエンサーが顔を揃える予定だった。1000人の招待客のフロントロウにはアジアのスター、ワン・ジュンカイとチャン・ツィイーをはじめ、俳優のワン・ダールー、俳優のリャン・ジンカン、歌手のスタン・ヤング、女優のリー・ビンビンなどとアジア系モデルが並び、アジアに捧げるショーのフィナーレを飾る予定だった。

                                                                                                                 

 アジア、特に中国は、ヨーロッパの高級ブランドの成功の鍵を握っている。コンサルティング会社ベイン・アンド・カンパニーが最近行った調査によると、高級品の購入者の3分の1は中国人で、国内外で購入されたという。その割合は、主にミレニアル世代とジェネレーションZの10代の若者に牽引され、2025年には46%に達すると予測している。

 D&Gは、2005年に杭州に初出店し中国市場へ参入。現在、上海の4店舗を含め中国国内に44店舗を展開している。
 
 今回の騒動が起こる前、ドルチェ氏はAP通信のEメールでの取材に対し、「中国を祝福すると同時にD&Gの物語とファッションへの愛を語るための、中国へのオマージュ」を考えたと語っていた。

「みなさんの記憶に残る素晴らしいショーにしたいです。中国文化に由来するディテールを表現しました。配慮を怠らず、おこがましくないように」

By TOM KRISHER and ANGELA CHARLTON, Associated Press
Translated by Naoko Nozawa

Text by AP