「抱擁セラピー」が欧米でジワリと人気 1時間8000円で安心感

Antonio Guillem / Shutterstock.com

 街頭で見知らぬ人を抱擁するフリーハグはアメリカで生まれ、いまでは日本でも広まっている。抱きしめることで、他人にポジティブな気持ちになってもらう親切な行為とされているが、この有料版が欧米で展開している。民間の「抱擁セラピスト」として、室内で顧客を1時間など抱擁するサービスだ。

◆「抱擁集会」から発展
 有料・抱擁セラピーは、その名の通り、セラピストが顧客を抱きしめたり、なでたりする。ずっと抱き合っていなくてもよく、おしゃべりしたり、一緒に音楽を聴いたり本を読んだりしてもいい。時間は1時間、1時間半など顧客が選べることが多い。

                                                                                                                 

 このセラピーは、フリーハグとは違う流れで生まれた「Cuddle Party(抱擁パーティー)」というムーブメントから発展したといわれている。Cuddle Partyは有料で、知らない者同士が指定された日時に集まって、パジャマなどの楽な服装で床に横になって抱き合う。ニューヨークで始まり、オーストラリアやヨーロッパでも実践されるようになり、最近では2017年からスウェーデンで開催されている。

 アメリカ西海岸で、集会に参加したことがある筆者の友人は「とても楽しかった。同性と抱き合ってもよかったが、その場の雰囲気で、結局、いろいろな異性と抱き合った」と話していた。抱擁セラピーでも、顧客が人肌にふれることで楽しくなったり、心が晴れやかになったりすることを目指している。

◆性的な関心は禁止
 抱擁セラピーは、やはりアメリカで進んでいるが、ヨーロッパにもある。サービスの規定はセラピストたちが独自に決めている。ここでは、ドイツとオーストリアで抱擁セラピーを提供しているDie Kuschel Kisteを見てみよう。

 2016年秋に設立したDie Kuschel Kisteには、現在、両国在住の男女セラピスト約20名が登録していて、セラピーを受けたい人はサイトから申し込む。セラピストの一覧には、写真と名前と住んでいる都市は載っているが、年齢や学歴や職歴を公開していない人もいる。理学療法士、マッサージ師、ヨガインストラクターもいて、副業でセラピストをしている様子がわかる。

 料金は1時間60ユーロ(学生は50ユーロ)で、セラピーのときに現金で前払いする。最初の10分は自己紹介をしたり、どういうふうにセラピーを進めてほしいかを伝え、残り50分が抱擁だ。1時間半、2時間も選べる。ビキニゾーンにふれることは禁止、キス禁止、そのほかの性的な行為禁止、裸禁止で、性的な関心を持ち込むことは禁じられている。禁止項目を破ると、セラピーは即中止になる。ただし、顧客が意図せずに性的に興奮してしまったら、セラピストは静まるまで待つ。

 セラピストになるには、年齢、性、外見、ものの見方にかかわらず、どんな顧客でも抱擁できるといった留意事項をクリアできるなら、300ユーロの1日ワークショップに出席し、毎月15ユーロ払ってサイトの一覧に掲載してもらう。

 Die Kuschel Kiste共同設立者のElisaさんは、「私の顧客は、恋人がいない40代が多いです」と、インタビューに答えている。

Text by Satomi Iwasawa

Recommends