2人乗り電気自動車「マイクロリーノ」、欧州で発売へ 最小機能のシンプル設計

Micro Mobility Systems

 環境に配慮した乗り物、電気自動車(EV)への関心が世界的に高まっている。日産リーフや三菱i-MiEV(アイ・ミーブ)など、日本のメーカーも電気自動車生産に力を注いでいる。しかし、日本で電気自動車を所有している割合は0.6%と低い。一方、ヨーロッパでは所有率が高く、ノルウェー28.8%、オランダ6.4%、スウェーデン3.4%、フランス1.5%、英国1.4%となっている(日経新聞)。

 そんなヨーロッパに、まもなく、2人乗りの新しい小型電気自動車が登場する。スイス・チューリッヒのマイクロ・モビリティー・システムズが開発した「マイクロリーノ」だ。1月末の時点で、4600件の購入予約が入っていたほど注目を集めている。

                                                                                                                 

◆ターゲットは都市在住者
 マイクロリーノは、初夏の発売開始に向けて最終チェック中だ。前方の大きなドアから乗り降りする丸みを帯びたミニカーは、車好きなら「あ、見たことがある」と昔の車を思い出すかもしれない。イタリアのメーカー、イソのイセッタにとても似ている。

Micro Mobility Systems

 それもそのはずで、マイクロ・モビリティー・システムズCEOのヴィム・ウボター氏がテレビを見ていて、「これは電気自動車としていいかも!」と思いつき、イセッタをもとにしてデザインと技術を新たに作り上げたのだ。

 マイクロリーノは幅1.5m、長さ2.4m、高さ1.4m(バッテリー抜き重量450㎏)ととても小さい。狭い道でも入っていけるし、駐車スペースも小さい。最高時速90㎞、1回の充電での最大走行距離120㎞で、ちょっとした近距離の運転に十分対応している。

 都市部に住む人が使うことをイメージして作ったため、販売先もスポット的に都市から都市へと広げていく予定だ。まずはヨーロッパ内で販売する。価格は1万2千ユーロ(約160万円)を予定している。

◆工事不要で家庭用コンセントで充電
 充電のために特別な工事はいらない。充電ケーブルを家庭用コンセント(ヨーロッパの電圧220ボルト)につないで、4時間で完了する。ヨーロッパ内の電気自動車用充電スポットなら1時間で充電が完了する。

 機能はシンプルだ。運転席の操作ボタンエリアも小さい。カーナビも音楽を聴くデバイスも、スマホなどの携帯端末で代用できるため省いた。クーラーは装備していない。ヨーロッパの夏はカラリとした暑さで、走行中に両脇の窓や天井を開ければ快適に過ごせると判断した。標準仕様のヒーターはある。ヒーターをつけて走るとよりエネルギーを消費するが、外気マイナス5度の場合、通常の走行パフォーマンスより10~15%程度の減少で済む。雪道にも耐えられるという。

Micro Mobility Systems

◆材料減、エネルギー減で画期的
 マイクロリーノは通常の車に比べて材料が少なくて済む。エネルギー消費では、日産リーフよりも製造過程で60%減少、運転中も65%も減らせる。生産はスイスではなくイタリアで、電気自動車を製造しているタッツァーリの工場で行う。将来的に世界展開を計画しているものの、工場のあるイタリアからアジアやアフリカへ輸出するのではなく、その販売都市の近くで生産するようなシステムにする。車の輸送中にCO2を出さないようにするためだ。すでに、生産に関して日本からの関心も寄せられているそうだ。

Text by Satomi Iwasawa

Recommends