今後3年でビジネスを変える5つの最新テクノロジートレンド

betto rodrigues / Shutterstock.com

 総合コンサルティング会社のアクセンチュアは、世界のテクノロジートレンドに関する最新の調査レポート「Accenture Technology Vision 2018」を発表した。今後3年間でビジネスに創造的破壊をもたらす重要なテクノロジーのトレンドを予測した年次調査で、今年のテーマは「インテリジェント・エンタープライズの具現:自社を『再定義』する」であった。

 本調査では今日のデジタル・エコノミーでの成功に向けてパートナーシップを構築する上で、不可欠な5つの新たなテクノロジートレンドを定義している。

                                                                                                                 

1. AIを「市民」に(Citizen AI):ビジネスや社会に恩恵をもたらすAIの育成
AIの能力が高まるにつれ、人々の暮らしに大きな影響が及ぶようになってきている。AIの潜在能力を引き出そうとする企業は、その影響を認識し、AIが自社の象徴として行動できるように「育てる」ことが必要だ。

2. 拡張現実(Extended Reality):距離の消滅
仮想現実(VR)や拡張現実(AR)などの技術は、人々とのつながり、情報や経験を得る際の距離を取り除くことで、人々の暮らしや働き方を変えようとしている。

3. データの正確性(Data Veracity):信用が第一
データを活用して自らを変革する中、企業は新たなタイプの脆弱性に直面している。正確性を欠くデータや、恣意的に操作されたデータ、偏ったデータによって、間違った知見を持ち、偏った判断を下すリスクにつながる。こうした課題に対応するには、正確性を最大限に高め、恣意的なデータ操作につながる危険性を最小限に抑えるという二重の対策が必要だ。

4. 摩擦ゼロ・ビジネス(Frictionless Business):大規模パートナーシップ構築のために
企業の成長はテクノロジーをベースとしたパートナーシップにかかっている。しかし、従来の経営システムは大規模なパートナーシップに対応するようにはできていない。社会との融合を強め、テクノロジーの力を最大限に発揮するために、企業はまず自らを再構築しなければならない。

5. インターネット・オブ・シンキング(Internet of Thinking):インテリジェントな分散環境の創造
企業は、ロボティクスや、AI、没入型体験などを自社のバリューチェーンに組み込むことで、大きな賭けに出ようとしている。しかし、こうした環境を実現するためには、従業員のスキルや組織体制を強化するだけでなく、現在のテクノロジー基盤を刷新する必要があある。

 アクセンチュアの最高技術責任者兼最高イノベーション責任者のポール・ドーアティ氏は、次のように述べた。

「今やテクノロジーは日常生活のあらゆる場面に深く根付いており、社会の至る所を作り変えようとしています。かつて港や鉄道を中心に都市が建設され、電気によって人々の生活が再構築されたように、今の世の中はデジタルイノベーション、さらには革新的なサービスを提供する企業を中心に再定義されようとしているのです。これに伴い、企業と人々の間には、大量の個人情報を共有することによって成り立つ新たな信頼関係が必要になります」

Text by 酒田 宗一

Recommends