EVは今もっともエレガンスなクルマかもしれない

©︎Tesla

 EV(電気自動車)排ガスを一切出さず、ほぼ無音で走る。静寂の車内では考え事をするのもいいし音楽を聴くのもぴったりな環境だ。スタンドでガソリン臭い思いをしなくても済む。こんなにいいことづくしのEV、なぜあまり見かけないのだろう。アクセルひと踏みの下から湧き上がるトルク感も癖になるほど気持ちいいものだ。

 常に流れをリードしながら走ることも最高に気分がいい。数年前までは絶望的であった急速充電施設のインフラも今は大きく改善された。もう遠出も心配ないはずだ。だからこそ、ガレージにEVを1台追加してみてはいかがだろう。

 今回はそれぞれ特徴のあるモデルを紹介しよう。

                                                                                                                 

◆性能から考えたらバーゲンプライス : テスラ タイプS

main

©︎Tesla

 ベースモデルで900万円台、最高グレードであれば1,700万円を超える価格は、確かに乗用車の中では高い。でも、スーパーカーを凌駕する怒涛の加速と堂々とした体躯を勘案すれば、同クラスのアストンやベントレー、ポルシェに比べればむしろお買い得なはずだ。こんなに暴力的な速さを持っていても、近所の評判は「環境に配慮している進歩的な人」に映るだろう。

main

©︎Tesla

 運転支援システムもワイヤレスでアップデートされる。乗るほどに賢くなるということだ。並み居るスーパーカーたちを蹴り散らす実力に大人4人がゆっくり乗れるキャビン、バッテリーの容量だって東京ー大阪間ぐらいは余裕で走れる。そしてイマドキのスタイリング。これでもいらない理由はただ一つ。あなたのガレージ前の道が細いということぐらいなはずだろう。

Text by 小野 真人

Recommends