EVは今もっともエレガンスなクルマかもしれない

©︎Tesla

 EV(電気自動車)排ガスを一切出さず、ほぼ無音で走る。静寂の車内では考え事をするのもいいし音楽を聴くのもぴったりな環境だ。スタンドでガソリン臭い思いをしなくても済む。こんなにいいことづくしのEV、なぜあまり見かけないのだろう。アクセルひと踏みの下から湧き上がるトルク感も癖になるほど気持ちいいものだ。

 常に流れをリードしながら走ることも最高に気分がいい。数年前までは絶望的であった急速充電施設のインフラも今は大きく改善された。もう遠出も心配ないはずだ。だからこそ、ガレージにEVを1台追加してみてはいかがだろう。

 今回はそれぞれ特徴のあるモデルを紹介しよう。

                                                                                                                 

◆性能から考えたらバーゲンプライス : テスラ タイプS

main

©︎Tesla

 ベースモデルで900万円台、最高グレードであれば1,700万円を超える価格は、確かに乗用車の中では高い。でも、スーパーカーを凌駕する怒涛の加速と堂々とした体躯を勘案すれば、同クラスのアストンやベントレー、ポルシェに比べればむしろお買い得なはずだ。こんなに暴力的な速さを持っていても、近所の評判は「環境に配慮している進歩的な人」に映るだろう。

main

©︎Tesla

 運転支援システムもワイヤレスでアップデートされる。乗るほどに賢くなるということだ。並み居るスーパーカーたちを蹴り散らす実力に大人4人がゆっくり乗れるキャビン、バッテリーの容量だって東京ー大阪間ぐらいは余裕で走れる。そしてイマドキのスタイリング。これでもいらない理由はただ一つ。あなたのガレージ前の道が細いということぐらいなはずだろう。

◆シティコミューターのベストバイ : BMW i3

main

©︎BMW GROUP

 カーボンモノコックボディを使った先進性と、どのクルマにも似ていない先進のスタイリングがBMW i3の魅力。細かな性能は割愛するが、これだけおしゃれな佇まいだったらシャレで買っても全く損はしないだろう。

main

©︎BMW GROUP

 電費切れがどうしても怖いという人はレンジエクステンダー装備のモデルがオススメだ。レンジエクステンダーとは、いわばガソリンで動く発電機を積んだモデル。電気がなくなりそうな時は、これで発電しながら走れるというわけ。デザインにしろコンセプトにしろ、都会生活者にはぜひ乗って欲しい1台。表参道に今一番似合うクルマなのは間違いない。

◆道具としての完成度は1番 : e-Golf

main

 普通のGolfとほとんど変わらない外観に倍の金額を払えるのは本当のお金持ちかもしれない。でもそれはとてもスマートなことだと筆者は考える。道具としては考え抜かれたクルマ、Golfファミリー。スタイリングにも無駄がなく実に機能的である。計算しつくされたパッケージングにコンパクトカーとは思えない重厚なドライブフィール。しかも安全装備はや先進装備はほとんど標準装備である。

 肩肘貼らずに乗ることができれば、かなりの上級者であろう。世間の目がすごく気になる人か、全くもって世間体など気にしない、どちらか両極端の人に私は勧める。

 新しい物好きのアーリーアダプターにとってEVは楽しい玩具である側面は否定できないだろう。筆者は社用車として約2年間、EVを使っていたことがある。その経験から言えば、EVは扱いづらい車だ。ちょっとアクセルを乱暴に踏めばみるみるうちに電気は消費されていく。真冬に暖房をつけても同じだ。いつも走行可能距離を気にしながらハンドルを握るのは精神安定上よくない。長距離ドライブの時はいつも助手席の人と不穏な関係になるのはそんな理由からだった。

 EVは街中にちょとした買い物にでさらっと使うのがいい。Gクラスなんかよりははるかにおしゃれでイマドキなはずだから。それを筆者はエレガンスと呼ぶのである。

Text by 小野 真人

Recommends