中国が4日以内に尖閣奪取……米シンクタンクが描くシナリオ、8フェーズ

VanderWolf Images / Shutterstock.com

1. 海上保安庁の船が尖閣海域で中国海警の船を銃撃し、その後、中国海軍の護衛艦が日本側へ報復的な攻撃

2. 日中両国が尖閣海域を中心に戦闘モードに突入 中国空母などが宮古海峡を通過し、日本側が追跡

3. 日本の早期警戒機とF15戦闘機が東シナ海の上空をパトロールするが、中国軍がそれらを撃墜

4. 緊張が拡大し、とうとう那覇空港を中国が巡航ミサイルで攻撃

5. 米国が日米安保条約に基づく協力要請を拒否 米大統領は中国への経済制裁に留まる

6. 宮古海峡の西側で日中による短期的かつ致命的な軍事衝突が勃発

7. 米軍はそれを観察したままで依然として介入せず 米軍が介入しないことを中国軍が理解し、米軍の偵察機が嘉手納基地に戻る

8. 最初の衝突から4日以内に中国が尖閣諸島に上陸・奪取

(6月4日放送 フジテレビ プライムニュースの資料をもとに、筆者が部分的追加・修正)

次のページ 尖閣奪取シナリオのポイントとは?




Text by 和田大樹

Recommends