「韓国が拉致した12名を返さなければ……」北朝鮮が韓国に警告

AP Photo / Ahn Young-joon

 北朝鮮は20日、ここ数年内に韓国へ渡った何名かの北朝鮮国民を韓国が直ちに送還しなければ、8月に予定している離散家族再会を取りやめる可能性があると警告した。

 2016年、中国の北朝鮮運営レストランで働いていた12名の女性従業員が集団で韓国に亡命した。以来、この事件は南北両政府間の論争の種となっている。韓国が、自由意思による脱北であると主張する一方で、北朝鮮は、韓国による拉致だと非難してきた。

 北朝鮮は、1950~1953年の朝鮮戦争中に離れ離れになった高齢者たちの一時的再会を繰り返し求める韓国側の要求を、女性従業員の事件を理由にこれまでしばしば拒否してきた。しかし20日の声明は、緊張緩和が数カ月続いた後、北朝鮮に核兵器を放棄させるための世界的外交政策がなかなか進展しない中、女性たちの命運を8月の家族再会行事に結びつけるという北朝鮮にとっては初めての試みであった。

                                                                                                                 

 北朝鮮国営のウェブサイト『ウリミンゾッキリ』は、韓国政府が女性たちを送還しない場合、家族再会事業と南北朝鮮関係は「障害」に直面するだろう、との声明を出した。

 韓国統一省は、『ウリミンゾッキリ』の記事についてのコメントは何もないと述べた。

 12名の女性従業員の中には、本当にだまされて韓国へ渡った女性がいるかもしれない、との推測が高まっている。

 国連の独立専門家であり、北朝鮮における人権問題について調査を行っているトマス・オヘア・キンタナ氏は、今月初めに数名の女性従業員から話を聞いた。女性たちは、中国を発つ際には、韓国に向かっていることを知らなかったと話したという。

Text by AP

Recommends